革命記念日

 昨日はフランスは革命記念日で国民の祝日。
パレードがあってトランプさん夫妻が招かれていました。トランプはマクロンの奥さんブリジットに「スタイルが良いですね」と言ったのがニュースになっていました。
 私がフランスに来た時、こっちの人は日本人みたいに「奥さんは綺麗ですね」などと言わないと聞いて「ああだから誰も私にそういうことを言わないのだ」と思っていたから、(現実を知れ→自分へ😝)この発言は衝撃的でした。ブリジットさんは私から見ると、お顔は日焼けし過ぎて(こっちの人はそれがステイタスらしい)、美白を保った方が本来の美しさが出るのでは?と思いますが、表情は優しそうでお人柄は良いのかなと。スタイルは本当に良くて骨格が綺麗だなと思います。だけどお洋服の趣味は私とは合わないみたい。
 マクロンは顔だけ見ると少しサディスティックで仲良くなれなさそうです。賢いけど、共感性が薄いタイプかなと。

 7/14は私達夫婦の5回目の結婚式、記念日でしたので、ランチを少し豪華にしました。やってみたかったことをしました。それはテーブル焼肉です。
 こっちでもお庭でBBQ とかたまに呼ばれるんですが、お肉やソーセージを一度に焼いてそれを配って食べます。私はコリアンタウンに住んでた事もあるから、卓式焼肉派なのです。今冬にガスコンロを手に入れたから、これとフライパンで、我が家のサロンでやってみました。
b0350090_20194063.jpg
にくいため・・・?

 焼肉用のお肉は普通のスーパーでは手に入らないから、赤味のステーキ肉にしましたが、これが大きく違いました。固い!たれに漬けておくなど工夫が必要であったかと思います。これからは豚のバラ肉でサムギョッサルにします。
 だけど旦那さんはご飯を3杯も食べて、満足そうでした。

 この後、レユニオン島の義兄から電話がかかってきて、あちらは義母宅に集ってお祝いしているらしいから、スカイプすることにしました。
義母とお顔を合わせるのは本当に久しぶりです。
 スカイプを繋げるのに少し難航しましたが、無事にコネクト。義母は私を見るなり「少し太った?」旦那さんを見て「痩せた?」
私は多分太ってないはず(はず)。旦那さんは今も大分大きいですが、昔相当大きい時期があったから、そう見えるのかな。
 義母は82才くらいですが、前見た時より白髪が増えていました。でもこっちの人の白髪は透明感があって本当に綺麗なんです。黒髪から白髪になる時はああならないんですよね。
 あと4月に生まれた姪っ子も参上してくれました。義兄家には2人お嬢さんが出来ました。義母は3人男の子を産んだけど、今は孫娘ばかりで幸せでしょうね。
b0350090_19565782.jpg
ぷっくぷくちゃん

 9月にレユニオン島に帰るから、皆に会えると思うと嬉しいです。今夏はこれをモチベーションにしてフランス語頑張ろう!

 この後旦那さんは昼寝をしてしまい、起きたのは17時過ぎ。
おやつを食べました。
b0350090_19560804.jpg
プリン。

 ライスミルクと生クリームを半々にして作ってみましたが、私には少し甘かったです。でも蒸すだけだから簡単でした。
b0350090_19555144.jpg
いま、米麹も醸しています。

 夜は市のお祭りがあって、夫婦でいそいそとお出かけ。お祭りが小さいころから細胞レベルで好きだったから、ワクワクします。夜は寒くて上着が必要だったけど、子ども達がはしゃいでいる様子や、人々がルンルンしているのを見るとドキドキしていきます。
 コンサートをやっていて、歌手はモーリシャス出身(レユニオン島に近い島)の人で、美しい女性達が色とりどりの洋服に身を包み、踊っていました。あれらの島にいる熱帯魚たちのように綺麗で、私はふと思いました。
「なぜ、島出身の旦那さんは熱帯魚を選ばず、鯵や鯖みたいな私を選んだんだろうか...?」
 あれは、旦那さんと出会う何日か前でした。急に私の頭に考えがひらめきました。結婚する人は、多分日本人ではないな。私を好きになる人はどっか南国の知らない場所の人だ。
 それが本当のことになり、5年経ちました。
b0350090_19572019.jpg
革命記念日のメインイベント、花火

 目の前に打ち上げられる花火を見て、5年間色々あったけど私は私なりに頑張って来たよ、と思いました。
他の人から見たらそうではないかもしれません。でも心砕かれる事もあったし、誰にも打ち明けず時間が過ぎた事もありました。
 この花火は私へのご褒美!そう思おう!そう考えると涙が出てきました。
後ろにいる旦那さんのあったかさを感じながら、色とりどりに輝く空をずっと見上げていました。

[PR]
# by baillement27 | 2017-07-15 20:51 | いつもの日々

フランス人は優しいか

 先週から夏休み開始。
 まあ普段から、学校と家の事とアソシエーションの事だけだから、あまり経済活動には参加してない身分であるし、普通の人よりは夏休みな日々を送っている。
 先週は火曜日に散髪と、土曜日に日本語を教えに行っただけという外出の少なさであった。
b0350090_21544639.jpg
散髪屋のキティさん、17才。シーサーたちと。

 在仏長い日本人美容師さんに、切って頂いているのだが、そこのご主人はフランス人で食べ物の健康に詳しい方で、いつも美味しくて元気になるお料理を用意して下さっている。この方は少し日本語が出来るし、フランス語を話す時もとってもわかりやすくて会話が楽しい。
 この間は台所から美味しい匂いがしていたから、見に行ったら、レンコンのピューレと玉ねぎを合わせて丸めて揚げたものを作っていた。後で食べたけれどとっても美味しかった。レンコンは中華系スーパーで買う事が出来、身体にすごく良い。
 私も食べ物は手作り派で、健康には興味があるのだけど、正直普段の食べてるものはビミョーだ。出来合いのものと、なるべく砂糖を摂らないようにしてることと、お肉はちょっと高いのを少しずつ食べる事と、量を食べないというのがモットーだけど、最近体力が減って来たから、食生活を見直した方が良いかなとも感じている。
 フランスでは無農薬とか有機食品がそんなに高くなく買う事が出来るから、健康的食べ物で暮らす事は難しくない。マルシェが近くにないからスーパーで買物をする事が多いけれど、野菜をマルシェで買えたら良いなあと思う。すごく美味しいし。

 そういえば、この間メトロに乗ったら、電気が消えて急に止まってしまった。
私は狭い所ではパニックを起こる時がある。飛行機も実は苦手で、旦那さんと知り合ってから、10時間以上のフライトを経験しなくてはいけなくなり、色んな克服法を勉強した。(一番効いたのは彼に「降りる?」と言われた事・・・高いチケット買ってるのに降りるかーと思い直した。)
 だから前からシュミレーションしていたら怖くないのだけど、急に暗くなって止まるというのがきつい。折しもメトロは混んでいて暑いから余計に息苦しい。「怖いよーやばい」とブチブチ独り言を繰り返していて半泣きだった。アナウンスがあって「確認するから待ってて下さい」
 すると左となりにいた女性が、私を見て英語で「そんなにかからないわよ。大丈夫よ!」と笑顔で教えてくれた。わー恥ずかしいけどすごく嬉しい。
 5分くらい経って、またアナウンスがあった。そしたら右の女性が「あと5分よ!」と教えてくれた。電車は動き出し、一番最初に教えてくれた女性は私に向かって親指を立てて「良かった!」のサイン。
 何回もありがとうと言ったけど、駅に着いたらお礼を改めてしようと思っていたが人に押されて出てしまった。

 パリは結構意地悪な人も多いけど、相互扶助的というか、困ってる人に優しい人は多い。色んな人を受け入れられるってことかな。例えばこういうシチュエーションって、身近にパニックになる人がいるとか、聞いたことがあるという人しかわからないと思うけれど、彼女達は私に何が起こってるかすぐわかったから助けてくれたのだと思う。
 そういう精神はどこから来るのか、日本人も親切で優しい人は沢山いるけど、又違う感じもする。この間、ニュースで妊婦さんが席を譲ってくれた人にお手製の手紙を渡して(おそらく事前に作って、誰か席を譲ってくれたら上げられるよう持ち歩いている)というのを読んで、もらったらもちろん感激するだろうけど、そこまでしないといけないのかな。堂々とありがとうというだけで良いのでは?と思った。外国に住んでると、自分の国の事と今住んでいる国とをよく考えます。 

[PR]
# by baillement27 | 2017-07-11 22:36 | いつもの日々

たなばたさん

 1日の晩、パリ西郊外のナンテールという街のカフェで、七夕のソワレをやりました。
金曜から友人宅で下ごしらえ開始。
 そして近所のおうちに笹をもらいに。笹飾りもやるから、折り紙を折って行ったけど久しぶりにやると結構楽しい。かたつむり、朝顔、着物、投網、星、などなど。
b0350090_20010356.jpg
よいかんじ!

 会社帰りの旦那さんに迎えに車で来てもらったけれど、週末だからか帰りは激混み、で、水産関係の知人宅へソワレ用の刺身を取りに行って家に戻る頃にはくったくたで、「ハンバーガーでも食べようか」ということになり、近くのクイックというお店で食べて帰りました。イベントとか気が張るような時はジャンクフードが食べたくなるのだけど、血を濃くして血圧高めにしようという指令が身体から出るのかな。
 
 次の日も午前から仕込みに向かったけど、トラムが急にストップ。ラデフォンスまで臨時バスが出ていて良かったー。
仕込み開始、でどんどん作っていって、お昼は友人と2人でお蕎麦を作って食べました。
b0350090_20022452.jpg
こっちの巨大なすを使った揚げなす蕎麦。

 そうこうしている間に17時になって、フランス人の有人が来て、荷物を持ってカフェへ移動。彼女は浴衣を着てとても可愛らしくて似合っていた。
b0350090_20014654.jpg
あさがお柄。

 テーブル設営をして、前菜盛り付け。
b0350090_20012931.jpg
枝豆はフランス人も大好き。

 ソワレが始まりました。私は厨房から一歩も出れなかったけど、最初は七夕の話をフランス語で朗読して、気分を盛り上げていたようです。硝子のドアからお客さん達の顔を見てると、気分良さそうに聞いておられて嬉しくなりました。七夕って日本のヴァレンタインみたいな要素もあるし、ロマンティックだしね。
 家庭料理と会席の融合をイメージしていたから、なんとか綺麗に作ろうと、それから作るは盛りつけるはで、大忙しでした。でも作業しているときは楽しくて、月1回位はこういうの良いなあと思いました。フランス人の友人が全く頼まないのに、ものすごく手伝ってくれて、デザートの白玉までこねてくれたりして、すごく助かりました。
b0350090_20020128.jpg
抹茶ソースのパンナコッタ、自家製あんこと白玉添え。

 やっとデザートを出して、終了〜。
デザートは考えるのがとっても楽しいし、どうやったら喜んでくれるかわくわくするのですが、気も張ります。味見した人がちょっと砂糖が少ないと言っていたけど、私が甘いのが嫌いだからこれが難しい。でも他の人たちは美味しいと言っていました。知り合いもお客さんとして来てくれていたけど、皆全部とっても美味しかったと言ってくれました。まあその為に心を費やして作業しているので、嬉しかったです。

 結局最後は0時を回って、ものすごく疲れていたし、迎えに来た旦那さんも1人でその時間までほっておいたので、機嫌悪そうでしたが家に帰って爆睡しました。次の日は2回昼寝をしたほど!
 和食でフランス人にも受けるようにというと、色んな課題が待ち受けているのですが、なんとか心がこもっていて、健康的で、普段は食べられなくて、そんなに高くない材料でメニューを考えていけたら良いなあと思っています。

[PR]
# by baillement27 | 2017-07-03 22:36 | イベント

ピクニック

 フランス生活で良い事は、近所に公園とか森が沢山あってピクニックを気軽に楽しめる事です。
5月終わり位まですごく寒くて、軽めのダウンを着ていた位だったのですが、6月開けてからすごく暑くなりました。寝る時扇風機を回しているのはフランスに来てから初めてです。
 もう、あの曇り空から一転して、全てが美しく見えます。天気一つでここまで人は幸せな気分に変わるのだろうか・・・と思う程です。

 先週土曜日は、友人達と3人で17区の薔薇の綺麗な公園に行きました。マルシェが沢山並んでいて、見ていて楽しいけど週末は高くしているらしいから見るだけで買わずじまいでした。
 だけどおすすめのケーキ屋さんがあるらしく、そこでケーキを買ってピクニックのお供にしようという話しになり、普段ケーキ屋さんなど行かないから浮き浮きしてショーウィンドウを覗きました。
b0350090_20502575.jpg
おいしそ!大きい。
b0350090_20504437.jpg
生クリームたっぷりで日本人好み。

 名前を確認するとドイツ系のケーキ屋さんでした。他でも食べた事あるけど、そこも美味しくてドイツ系だったことがあります。
モンブランを購入。
b0350090_20500165.jpg
いっこずつ。

 薔薇の公園は少し時期が終わっていたけれど、とてお気持ちが良くて3人でおにぎりやサンドイッチを食べながら、あれやこれやおしゃべり。2人ともパートナーが日本人だけど、うちだけフランス人だから違いがあったりなかったり面白い。
 浅い所から深い話まで、まだまだ話したいよーと思いつつ、時間になってしまいました。ケーキは少し甘く、私には大きすぎたけど、また食べたい。そして皆にも早く会いたいと思いました。
b0350090_20494562.jpg
ベンチの前で咲いていた美しい薔薇。


 昨日はアソシエーションのピクニックで旦那さんと車で行きました。
旦那さんはレユニオン島の出身だから、ルガイユソシスという島の料理で、ソーセージをトマトやターメリックで煮込んだ料理を前の晩から作って持っていきました。
 知人を2人迎えに行き、マルメゾンの森へ!森に入ると一気に緑に包まれ、さっきまで都会にいたのがうそのようです。
陽を透かした葉っぱを見上げるのが、とても気持ちが良く、寝不足だった機嫌の悪さがどっかへ飛んで行きました。
 初夏の爽やかなピクニックのはじまり!皆食べきれない位、色々持って来てくれていました。
b0350090_20492599.jpg
食べきれない。

 手巻き寿司と納豆まであったけど、結構食べられるフランス人(ってか納豆が好き)がいてびっくりしました。もう既に日本のメーカーがフランス人向けに臭みが薄い納豆を開発していると聞きましたが、スーパーに並ぶ日が来るかもしれません。
 この前日に、日本語の生徒のお母さんが誕生日だったから、いちごのタルトを持って行きました。タルトとアーモンドクリームを焼いたものと、苺をマリネしたもの、カスタードクリームを別々で持って行って、大きい樹の後ろに隠れて旦那さんと組み立て、ロウソクを立ててお祝いしました。
 そこのお父さんがグルテンがだめだから、グルテンフリーで作りましたが、普通と変わらず美味しかったです。
 
b0350090_20490434.jpg
おめでとう。

 ピクニック中に私達のシートにリードを付けていないボクサーが走り込んで来て、それを連れてるおっさんが全く謝らなくて皆でプンプンという事件があったりしたのですが、気持ち良かったです。
 ここは秋に栗がなるそうだから、又来ないと。

[PR]
# by baillement27 | 2017-06-19 21:26 | フランスのおすすめ

優しいパリジャン達

 イタリアから帰って来たが、行く前から旦那さんの親友がマルチニークから我が家へ泊まっていて、一緒にイタリアに行ってまた泊まっていたから、少し気は抜けない状態(ちなみに食事も作らないのに、台所はぐちゃぐちゃで毎朝「砂糖どこ?」と聞かれている位酷いもんやったが)。でも私達がイタリアから帰る1日前に、大阪時代働いていた同僚2人がパリ旅行へ来ることになっていたから、イタリアから帰った次の日に、マレのアンファンルージュというマルシェでランチしようという話しになっていた。
 ところがメトロで8番線に乗換え、ぼんやりしていたら、同じ車両に見覚えのある2人が乗って来るではないか!人をかき分け「わー久しぶり」と挨拶すると彼女達もびっくりしていたが、周りの人たちもびっくりしていた。
 それは、友人に会ったのにキスもしないで、言葉でのあいさつだけ?と思われているように感じたのだが、欧州の人はやっぱりびっくりするやろうね、日本人の挨拶は。こちらに長い日本人は日本人同士でもキスをするんだけど、私は心の中でちょっといやだ・・・と思ったりしてます(おっちゃんだけ)。
 
 まあそんなんで、マルシェ到着ですがここは食事が食べられるので、イタリアンをチョイス。まだイタリア気分なんかなあ。
b0350090_23114016.jpg
彩りゆたか。

 日本から持って来たらしいウェットティッシュをもらって手をふいて、こっちの人が絶対にしない「分け合いっこ」をしながら食べてると、ああなんか日本みたいやわ。元同僚は2人で、1人は10年以上久しぶりにあったんだけど、大阪弁で上司の悪口とか喋っていると、心の中がほぐされているような気になったのでした。フランス生活、多分私にはいつもハイヒールを履いているようなものかもしれません。
 ランチを食べ終えるとそこのお店のイタリア系の女性の店員さんが「え?日本人なの?お互い、麺類が大好き同士の国よね。私達はとっても近いのね!」と話しかけて来てくれて少し嬉しくなった。私1人が、パリにいてもあんまり話しかけられることないんだけど、彼女達が言うにはどこにいてもすごく親切な人が多いそう。日本人だとわかると、日本は最高ね!とか、いまギメ美術館でキモノ展やってるわよ、とか、一度はメトロで肩を叩く人がいたから、何かと思ってたら財布を落としたのを拾ってくれたらしい・・・。
 彼女達が来る時に「スリとか気をつけて!日傘やめて、観光客っぽいし」とか言いすぎていた私は立つ瀬がない・・・いや、何もなくて本とーに良かったのだが。
 そういや私もフランス生活最初の方は、オペラ界隈で携帯見ながら歩いていたら「危ないから(取られたら)気をつけて!」と英語で言われたり、モノプリで小麦粉見ていたら「ケーキ作るのん探してるの?これだよ」と聞いてないのに教えてくれる人がいたりしたこともあった。でも今はそんなんないわ。(この間のワイン割り事件とかはあったが)
 
 金曜日はフォンテーヌブローというパリから車で1時間位のお城でピクニック。
食べ終わった瞬間、土砂降りでしたが。
b0350090_23121042.jpg
お城の中から。
昔の貴族が避暑に来ていた場所らしい。

 この後は太古の昔、海だったから森の砂が海砂だった場所に連れて行ったけど、1人は大阪でハイキングとか自然の中に行くのが好きらしく、感動してくれた。
 私もどこか行くと自然とか、スーパーへ行くとか、人間観察をすることが楽しみで観光はどうでも良い派。ツアーとか、朝5時から起きて観光するそうだが、そういうのは絶対嫌。
 
b0350090_23111897.jpg
日仏韓融合冷麺。

 彼女達はお土産を膨大な量で持って来てくれた。キムチを1kgも持って来てくれていてすごく嬉しかった。旦那さんが好きでないから、毎日食べている。白アスパラの卵ソースと一緒に冷麺に入れて、国籍ごちゃまぜ感を楽しみながら、なぜパリジャン達はあんなに彼女達には優しいか?考察してみるのだがわからない。でもただ言えるのは3人で写った写真を見ると、やっぱり2人は清潔感が会って優しそうで可愛らしく、私と違う感じはする・・・。
 お土産を少しずつ食べながら、しばし楽しんどこ。

[PR]
# by baillement27 | 2017-06-11 23:49 | いつもの日々


ささいなことかもしれないけれども


by バイエ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

最新のコメント

eiさん ありがとうご..
by baillement27 at 02:58
ご結婚5周年でしたか! ..
by ei5184 at 15:28
そうなんです。あっという..
by baillement27 at 01:08
ご結婚5周年おめでとうご..
by canomama at 21:14
菊は防虫効果があるからか..
by baillement27 at 19:19
へ~!お盆みたいなんがあ..
by canomama at 15:08
eiさま  ご無沙汰し..
by baillement27 at 06:41
カノママさん  地震大..
by baillement27 at 06:38
ブログの復活、これからも..
by ei5184 at 19:01
秋を楽しんでるかな(*^..
by canomama at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

革命記念日
at 2017-07-15 20:51
フランス人は優しいか
at 2017-07-11 22:36
たなばたさん
at 2017-07-03 22:36
ピクニック
at 2017-06-19 21:26
優しいパリジャン達
at 2017-06-11 23:49

外部リンク

ファン

ブログジャンル