カテゴリ:レストラン( 6 )

Pedra Alta

 3年くらい前、パリから日本に移った日仏カップルの友人が、日本に行ってから初めての凱旋帰国をするというので、この金曜日に皆で集る事になりました。
 彼らは私達より半年早く結婚したので、私がまだ日本にいる時から、結構うちの夫婦4人で繰り出す事が多かったので、私達が日本に行く時は会っていたのですが、フランスで会うのはすごい久しぶりです。彼らには可愛い坊ちゃんがいるので、会いたかったのですが、金曜日は遅いので、ご両親が見てくれているとかで会えずじまいでした。
 
 行ったのは私がずーっと前から行きたいと思っていた、pedra Altaというお店で、ここはポルトガル人が経営しているレストランで、フランチャイズらしく、フランス各地にお店があります。なんせ海鮮がてんこもりになって出て来るとか・・・。海鮮好きとしては、外せない!でも予約が出来ないのに、お客さんがすごいと聞いて尻込んでいました。
 メニューを見てびっくり。海鮮盛り合わせはどれもこれも凄いボリュームで、一人で食べられる量ではありません。でも旦那さんは「一人用の豚肉焼いたんにしよっかなー」などと言っています。友人夫婦もお肉のページを見ています。そうすると私も一人で食べられるのを注文しなければいけない様子・・・。
 フランス人は、日本人みたいにお皿をシェアしないので、旦那さんと友人夫婦がお肉に行くとなると、私は一人で海鮮を食べる事が出来ない・・・。
「ねえ、皆でシェアするの?」これを2回聞きましたが、旦那さんも友人も「なんか頼んだら?」というのでサラダを頼みました。サラダには2人用と書いてあったのですが、まあサラダならなんとかなるやろう。

 まず旦那さんの一人用(?)の豚肉焼いたのが出てきました。
b0350090_08122716.jpg
ほんまに一人用やろか・・・?
どっさりポテトフライの下に豚肉が埋まっています。
b0350090_08124580.jpg
私のサラダ・・・。
どでかいスモークサーモンの下にサラダ菜がぎっしり。
食べても減りません。

 まあなんとか、皆にあげたりして、全部食べる事が出来ましたが、おなかいっぱいです。
テーブルはもう、千と千尋に出て来るようなご馳走の皿、皿、で埋め尽くされて行きました。それを片っ端から、平らげる皆さん。私もステーキをもらいましたが、割と美味しかったですが、本当は蟹が食べたかったー!!!だけど牡蠣アレルギーで、一緒にお皿に乗っていて危険そうなのでやめました。

 サラダばっかりだったせいか、たまにはデザートでも食べるか!という気分。どうせ皆食べるから見てたら食べたくなるし。
 そして・・・。

b0350090_08131289.jpg
手のひら広げたくらい・・・。でかすぎる!

 私にはものすごい量で、完食なりませんでしたが、皆大体これくらいの量を食べていて、ぺろり・・・という感じでした。
次の日は朝から出ていて、18時まで何も食べなかったのですが、ちっともお腹がすきませんでした。
 
 旦那さんは「あんま美味しくなかった」と言っていましたが、海鮮が売りのお店で豚肉を食べる方が悪いと思います。
私は今度は10人くらい仲良しと一緒に行って、牡蠣抜きで思う存分食べてみたい!
 でもやっぱり、日本海のズワイガニかな・・・

[PR]
by baillement27 | 2016-10-31 08:40 | レストラン

週末あれこれと、パリの一風堂

 先週土曜日はイベント手伝い。
舞台とお茶会のイベントだったのだけど、東京から表千家のお茶の先生が来られたので、私は先生がおたてになったお茶を、客人に運ぶという役割でした。
 着物でも着ときゃー良かったって思ったけど、まあ着物は浴衣と道着しかないからね・・・。いつか、高くなくて簡単なものでもいいけど、フランスに着物を持ってきたい。そしてオペラ座や、およばれなどで着ると素敵だと思う。
b0350090_07374321.jpg
先生はピシっとお着物。
b0350090_07390971.jpg
抹茶のうつくしいこと
滋味そのもの
b0350090_07394964.jpg
琥珀糖とお干菓子はジャポンより

 終わってから打上で、友人の家で、飲み過ぎた。60才くらいの日本人男性、女性が4人と先生と私であったが、日本文化や東洋医学の身体の見方などで、実に盛り上がった。
 先生は、お茶の世界を通して、世界に日本文化の本来持っている良さを知らせたいと仰っていた。日本のお稽古ごとは、段を取るとか、体裁めいたものにまやかされるのも常だけど、道を究めることの意味や、茶道に秘められた哲学的意味が、これからの世界を救うのではないか?みたいなことを仰っていた。
 最近、私が会う、パリに来る日本文化をやってる人たちは皆、声を揃えてこういうことを言うので、びっくりしている。ほんと、これからの時代、「和して同ぜず」のような、日本的考えが世界を変えるのかもしれない。

 日曜日はアムステルダムからビオラ弾きの友人が来られ、とある友人のお宅に、7人の日本人女性ばかり集って、お昼ご飯。みんな、発酵食品が好きなので、納豆とか玄米とか。でもお刺身もあったりして、皆のツボで美味しいもんと、ワインを。
 私はこの間買った山羊のチーズと、家に転がっていたブルゴーニュのワイン、ママンが送ってくれた芋堅干、パリのショコラティエで買ったチョコレートを持っていった。
b0350090_07410401.jpg
食べて話して踊って・・・

 本当に楽しくて、8時間喋っていたのだけど、旦那さんが迎えに来てくれてしまいました。私ともう一人は結婚してるから帰ったのだけど、独身の方々は残ってまだ楽しい時間を過ごしたみたい。
 39年間独身だったので、私も4年前までは残る組だったのになあ・・・と自分の変貌ぶりに改めて驚く。

 今はフランスはバカンスで、学校はお休みなのだ。
子どもを持つ、でもフルタイムで働いている友人は、水曜の午後が休みなので、2人でパリに新しく出来た一風堂にご飯を食べに行った。
12時30分に着いたら、もう10人以上は待っていて、45分くらい並んだ。
 こんなに食べ物のことで並ぶなんて生まれて初めてかも?
 先週オープンしたばかりなので、内装はとっても綺麗。そしてフランス人が沢山働いている。フランス人ばかりのせいか、いささか動きが遅い気がしました。でもサービス係は皆、感じよかった。
b0350090_07415284.jpg
フランス語で、ラーメン注文楽しいね
麺の固さも聞かれる

 味は、どろどろなのかしら?と思っていたが、あっさりでした。麺はマルタイラーメン的な麺でしたが、自家製みたいなことを書いてあったように思う。スープが、猫舌の多いフランス人向けなのかな?あっつあつではなく、かといって温くもなく、口に入れやすい温度というのか?だと感じた。
 すごく食べやすかったけど、身震いする程の旨さもなく、今度は並ばずに入りたいです。

 サンジェルマンデプレを久しぶりに散歩する。
やっぱりパリじゃここが楽しいのでは?と感じた。買いもんいっぱい出来るし、買いもんしなくても、ぶらぶらするだけでなんかオシャレさんになった気になれる・・・。
 そして1軒すてきなカフェに入りました。
b0350090_07433704.jpg
パッションフルーツを使っているというので選択
すごく美味しかったです

 お茶はルイボスを頼んで。
 ラーメン、結構お腹いっぱいだったのに、デザートはやっぱり別腹です。
とても居心地の良いカフェで、友人と沢山おしゃべりした。外は雨が降っているのが、中庭から見える。
 こういう時間はとっても久しぶりだったのだが、ものすごくのびのびするのを感じた。家でぼんやりするよりも、心が落ち着くのを感じました。
 家が汚すぎるからか?

 外に出るととっても寒くなっていた。
寒の戻り?
 それでもパリは今、ちらちらと花が咲き始めていますよ。

[PR]
by baillement27 | 2016-02-25 08:18 | レストラン | Comments(4)

久々フレンチ

 人生初給与@パリ、出たので友人とフランス料理を食べに。
最近、フランスはカニキュールと呼ばれる熱波で、40℃近くが続いている。ものすごい暑い。でも・・・まあ、湿気がないので、日本の夏の酷暑っぷりに慣れた私には、そないにぎゃんぎゃん騒ぐことか?という感想。家ではクーラー付けなくてもいられるし、夜も眠れている。

 さて12区にあるパリのフレンチレストラン。入ると天井に大きな羽根が付いていて、これがくるくる回るので涼しく、壁にエキゾチックな絵が描いてあったりオープンな雰囲気で、パリにいながら南仏とかに来たみたい。
 何食べようかな・・・日替わりは13.5ユーロとそんなに高くなかったのだが、給料日だったのでちょっと張り込もうかと、別で注文した。
 子羊のなんちゃら・・・空豆のピュレ添え?でした。
b0350090_04074761.jpg
 仕事するまで、1日1.5食位しか食べなかったので、ランチに行っても食欲なかったのだけど、最近職場で昼食をがっつり食べているせいか、昼もお腹がすく。ものすごくボリュームがあったが、美味しく最後まで頂いた。羊肉も昔は駄目だったのだが、フランスは美味しいのです。
 焼き加減をアポワンで、と頼んだが、結構火入れされていたように感じた。それでも美味しかったです。

 デザートはマダカスカル産バニラアイスのマンゴーソース添え、だったかしら・・・?
b0350090_04431505.jpg
 ぺろり、と。

L’Ebauchoir
45 rue de Citeaux 75012 Paris
メトロ : 8番線 Faidherbe Chaligny
Tel : 01 43 42 49 31

 この後、ぶらぶらするには熱中症になりそうだったので、メトロにのってオペラの百貨店、ギャラリーラファイエットへ。
普段こういうところには、私は来ません・・・がソルドが始まってるし、見るだけだろうし、クーラー付いてるだろうしなあという理由。
 人がいっぱいいたけど、涼しくて快適だった。
 しかしソルドが始まったら、今までは必ず服を買っていたのだけど、最近自分に合う服がわからなくなり、服を買えないでいて、困っている。
 自分の容姿の衰えに絶望しつつというのも大きい原因であるけど、着たいと思える服に出会わないのだなあ。化粧品やアクセサリーなどあんまり興味はないが、おようふく、は大好きなのに。

[PR]
by baillement27 | 2015-07-04 21:42 | レストラン | Comments(4)

15区の美味しい日本食レストラン

 旦那さんが先生をやっている空手教室で、日仏カップルのお子さん、つまり日本フランスのハーフの子が最近稽古に来ている、と聞きました。
 道場に行く用事が会った時に、子どものクラスを見学していると、先生が「これは日本語でなんていうか、彼に聞いてみよう!」と、ある男の子に聞いていました。
 準備体操をやっていた時で、「上、下、右、左」を日本語でなんというか?先生は聞いたのですが、その子は日本語で「上!下!左!よこ!」と元気よく答え、可愛らしくて私は一人でくすくす笑ってしまいました。
 その後、その子のお母さんとお話をさせてもらったら、家も近所だし、今度ぜひ、お会いしましょう!ということになりました。

 インフルエンザとか、色々あって、お会いする予定が2回飛び、昨日再開を果たす事が出来ました。
良い日本食レストランがあるというので、連れて行って頂きました。15区の「きときと」さんです。
 お昼のお弁当は13ユーロ、結構安くて嬉しくなりました。
b0350090_20595276.jpg
 手前が私のサーモンご飯で、奥がそぼろご飯です。
ご飯はフランス人向けにたっぷり入っていて、男性でも十分な量です。
 
 なんで旦那さんと出会ったかとか、お子さんの話など聞いていました。
お子さんは空手に来ている子以外に1人いて、二人なんだけど、私より2才若いそうです。
 そしてやっぱりフランス語に苦戦中とか・・・そうよね。この年齢だと、すーぐ忘れるもの。
 彼女は広島出身なので、今度お好み焼き対決しましょうとか、パリの近くでいちご取り放題の農園があるので、今度行きましょうとか、お花見しましょうなど、わくわくいっぱいな約束をして別れました。
 
 パリで日本人の友人を作るのは、実は結構難しい事なんです。(なんでかは言えぬ・・・)
だから、彼女のような良い方に出会えて嬉しい!
 春の出会いです。

きときと
45, rue Mathurin-Régnier 75015 Paris
01 47 34 12 09

[PR]
by baillement27 | 2015-03-07 21:14 | レストラン | Comments(2)

パリで舟盛り

 昨日は、昼はエシャンジュ仲間のフランス人の女の子2人と、その彼氏とでオペラでお昼ご飯を食べてきました。
「質問があります。寿司とお好み焼きと韓国料理とベトナム料理のどれがいいですか?」
と聞かれたので、ベトナム料理!と答えると、日本人街にあるかわいらしいベトナム料理屋さんに連れて行ってくれました。
 彼氏はナントというブルターニュに近い街に住んでいますが、学生さんで今はバカンスなので、彼女の元に来たようです。ものすごく優しそうで、奇麗な顔をしていて、本物の王子様ってこんなんやろなー、我が家の旦那さんと180度違う感じやーと思って眺めました。まーいうなら、うちの旦那さんはインド系でもあるので、カレーの王子様かしら。
 ご飯を食べて、彼女達は近くにある韓国系&日本系食材のお店で、アイスクリームや大福を買っていました。私は先週も来たので買うものはなかったです。
 オペラ通りに、テイクアウト出来るタピオカティーも置いてある日本食材屋さんがあって、私はそこは知らなかったのですが、おすすめということで行ってみました。抹茶があったので、砂糖も牛乳もなしで頼んだら、漢方薬みたいな味になりました。
 王子様な彼氏は、足に少し病気を持っているらしく、これ以上歩けないと言って、その横のカフェでへたり込んでしまったので、私達はそのカフェに入りました。タピオカティーと抹茶を持って!「良いの?大丈夫?」と何度も二人に聞いたのですが、大丈夫です、とのこと。
 彼氏だけ、そこでショコラショーを注文しました。女の子は、他のお店で買ったアイスクリームまで食べていましたが、店員さんからは何も言われなかったです・・・ドキドキしました。
 
 そして夜は空手の懇親会があり、道場近くの中国人がやっている日本食屋さんに皆で行きました。この間もこの日記に書いた所です。味はメチャクチャ悪くはありませんが、日本人からしたら、ムムム・・・と思わせる感じもあり・・・でも安いのです。すごく。あと店員さんと空手の人たちが仲良しなので、来るのでしょう。
 この空手はあるスポーツセンターの1室の武道道場でやっていますが、秘書さんが付いているらしいです。60才前くらいの女性の方で、昨日初めてお会いしました。
 色々フランス語で聞かれて、なんとか答えていましたら、フランス語と日本語ってものすごーく違うのに、よくそんだけ話せるようになったわね!と褒められました。
 来て3年で、それまでフランス語は全然勉強もしたことがないのですが、えーもう3年なのに、まだ話せないの?と言われたりもするのですが、彼女のように、そういうことをきちんとわかって下さって、褒めて下さる方がいて、嬉しくなります。若い留学生やワーキングホリデーの人は、正直すぐフランス語が話せるようになるのですが、私は39才からフランス語を始めた&こちらには結婚で、やって来たのですから、&頭はそんなによくない、習熟は遅くて仕方ないと思っています。そうはいっても話せないコンプレックスはなかなか払拭出来ていないですが。
 
 舟盛りの写真がゴージャスだったので頼んでみました。このお店は魚の鮮度がそんなに悪くないと知っていたし。
b0350090_22451314.jpg
 手前は焼売です。shaomaiって書かれていましたが、海老餃子です。
飲茶ってパリであんまり見かけないので、点心職人目指して、もうちょっと飲茶を簡単に美味しく作れるようになりたいです。
 
 割と沢山話して、ゲラゲラ笑って、ここのレストランの夫妻の赤ちゃんを見て、帰りました。
 毎年来る、春前で少しうつうつ状態なのですが、それが少し吹っ飛んだ夜でした。

[PR]
by baillement27 | 2015-02-18 23:07 | レストラン | Comments(0)

優雅なランチ

 昨日はパリのItinerairesで、優雅なランチを楽しみました。
誘ってくださった友人は、私が今夏のバカンス中に、お子さんのヌヌ(ベビーシッター)をしたので、それのお礼にということでした。

 お店に入ると、白とベージュを基調とした柔らかで洗練されたデザイン・・・いつも行くようなゴタゴタとしたブラッスリーや、カフェとは全然違うの・・・。こんなんはじめてかも・・・という緊張を、サービス係の美男美女が優しくほどいてくれます。
 ランチメニューは49ユーロ(吹っ飛んだが正当な値段である!)ってことだったので、それをチョイス。
 
 まずはアミューズ・ブーシェ。
b0350090_02223642.jpg
 口に入れると、空を飛んでるかのごとく、軽い軽ーい。
人参とクミンのムース、フヌイユと柚子胡椒添えでございます。

 次に・・・
b0350090_02215710.jpg
 牡蛎のリゾット、海苔パウダーと共に。
 最近パリのレストランって、日本食材がふんだんに使われてるって聞いてたけど、本当だったのですね。
 リゾットは米の芯をきちんと残し、牡蛎はまだレア。その上にトロロみたいなソースが乗っているけど、あれはなんだったのだろう・・・?

b0350090_02230239.jpg
 白身魚の冷燻っぽい一皿。
この下の野菜は、フランスの一流レストランで好んで使われる、山下さんという農家の方の野菜らしいです。

 
b0350090_02232320.jpg
 小鴨のロースト。かぼちゃのピュレと共に。サービス係の女性が「キャボチャ」と言ってくれました。
このかぼちゃも山下さんの野菜らしいです。
 
 料理はここまで。このレストランで焼かれたブリオッシュと、ものすごく美味しいバゲット半分がつきます。胃の小さい日本人女子でも美味しく全部頂けました。
 
 最後はデザート。
b0350090_19545239.jpg
 バナナのソルベに、チョコレートのホイップ、フランボワーズ添え。
チョコレート味のプラリネの歯ごたえがアクセント。
 
 このレストランは一つ星らしいです。
フランス料理って重くて、おなかにどーんと溜まるイメージでしたが、全てが軽くて洗練されていて、食べる人を楽しくさせるのがよく感じられます。毎日切磋琢磨しているプロの仕事が見え隠れする・・・凄いですね。
 
 今度は、ワインと一緒に頂いてみたい。なんて、贅沢なことを考えてみたりして・・・。
 でもこれだけ美味しいと、ワインとの相性も抜群でしょうね。

 帰ったら旦那さんに自慢しまくりました。多分、彼はドーン!なフランス料理の方が好きでしょうから、ふーんって感じでしたけどね。

[PR]
by baillement27 | 2014-10-30 20:04 | レストラン | Comments(0)


ささいなことかもしれないけれども


by バイエ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

最新のコメント

eiさん ありがとうご..
by baillement27 at 02:58
ご結婚5周年でしたか! ..
by ei5184 at 15:28
そうなんです。あっという..
by baillement27 at 01:08
ご結婚5周年おめでとうご..
by canomama at 21:14
菊は防虫効果があるからか..
by baillement27 at 19:19
へ~!お盆みたいなんがあ..
by canomama at 15:08
eiさま  ご無沙汰し..
by baillement27 at 06:41
カノママさん  地震大..
by baillement27 at 06:38
ブログの復活、これからも..
by ei5184 at 19:01
秋を楽しんでるかな(*^..
by canomama at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

謝らない日本人!
at 2017-05-24 08:26
カリリ・・・はフランス人も好き!
at 2017-04-26 20:19
春のバカンスは終わり
at 2017-04-17 21:58
結婚記念日
at 2017-04-07 19:44
最近
at 2017-03-12 23:14

外部リンク

ファン

ブログジャンル