<   2014年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

サンセールにて


親しくして頂いてる在仏日本人で、ロワールのサンセールという場所に住んでいる女性がいます。
 こっちに来てから仲良くなったのですが、大阪出身同士というのもあって、意気投合し、色々なイベントに呼んでもらったり、旦那さんもものすごく良い人でうちの旦那さんとも仲良くして頂いています。

 このサンセールという場所はワインの産地で、この地域では沢山の生産家の方がワインを作る文化を大事にし、守っておられます。パリにはない魅力が沢山で、おとぎ話に出てくるような可愛い建物たち、全面のぶどう畑、優しい人たち、とっても美味しいワインや農産物・・・最初からすっかり魅了されてしまい、今年は4回訪れました。
 パリからも車で2時間ですので行きやすいです。
 またこの友人も、お料理がその実ものすごく得意というか、プロ並みで、お呼ばれが楽しみすぎるのです。日本からもプロの料理人が沢山来たり、その界ではちょっと有名な人みたいです。
 最近おうちを買って、キッチンも前より大改造して、コンロ6つの調理器具がなんでも揃っているようなパワフルな厨房にしてありました。
 私たちは土曜日の18時くらいに着いたのですが、別のカップルも来られて、それは大変に楽しい夜となりました。ほんま、いっつもこういう集まりは「はよおわらんかなー」とか思うのですが、この間は「まだ終わらんといてー」と願うくらいでした。 

 このサンセールのワインは和食に合うし、皆さんも和食が大好きらしいです。その中でも巻き寿司が大人気で、友人は嫁入りしてから果たして何本の巻き寿司を巻いたのかわからないくらい、巻いているらしいです。私も一度、巻き寿司料理教室のアシスタントをしたことがあります。
 ディナーは自分で巻く手巻き寿司でした。
b0350090_21314309.jpg
 秘蔵の日本酒など出てきたり。
b0350090_21025469.jpg
 チーズはここの名産の山羊のチーズ、クロタンです。トリュフ入りのブリーも美味しすぎ。
b0350090_21002734.jpg
 普段ワインとか飲まないのですが、ここでは私の顔はいつもピンク色です。酔っぱらってちょっと苦しくなっても飲みたい程、美味しいし、シャンパンやら色んな種類のワインやら出して下さるので、頑張って(?)飲むのです。
 一夜明けて、二日酔いなどかったのですが、朝ご飯はお昼の為に抜きました。
お昼は最近解禁したホタテのカルパッチョを、もう1組のカップルの男性が作ってくれました。
b0350090_21114299.jpg
 フランス人は美的感覚が豊かで、奇麗に料理を作ります。
この方も見た目はもちろん、ホタテの臭みを抜いて、包丁で薄く薄く切り、とにかく丁寧に作っていました。
 
 巻き寿司は昨日の残りで・・・とっても奇麗な○まる。

b0350090_21453442.jpg
 トンカツも手作りパン粉で、さくさく美味しい。日本にいた時トンカツとか食べなかったけど、やっぱり和食が嬉しくておいしい。
b0350090_21422608.jpg
 デザートはこの間、ローマジパンを買って、これでバターケーキを焼いてきたのでそれを出したのですが、割と好評でした。
b0350090_21112684.jpg
 すてきなお昼ご飯は少し急ぎ気味でした。
なぜならこの後、バスケットボールの試合を見に行くのです。
 あとで会場に着いて知ったのですが、ここの旦那さんが、その試合の実況中継アナウンサーでした!
 そして私たちが応援していたチームの9番の女性は、ロンドンオリンピックで銀メダル取った時の選手だということでした。

 マイク持ってアナウンスしている、真ん中のジャン・レノに似た方が旦那さんです。
お仕事がアナウンサーではないのですが・・・びっくりして理由聞くのん忘れました。
b0350090_21122295.jpg
 女性のチームのゲームでしたが、選手たちのなんとも格好が良い事よ・・・。
スタイルも顔もモデルさんみたいだし、プレイも神業です。
 1試合10分なんですが、もーすっごくジリジリする思いで見ていたので、その10分の長い事。
 どっちのチームにも勝って欲しい!と心から応援しつつ見ていました。
b0350090_21554381.jpg

 ゲームが終わり、選手との交流会に参加させてもらい、またこれがシャンパンと美味しいお菓子の食べ放題、という夢のような空間でした。
 まあほとんどうちの旦那さんが食べていましたけど・・・


b0350090_22030616.jpg
 ええ年してフランスに嫁に来て、住んでるだけでもプチ大変なので、たまにはこういう良い思いしてもいいやん!と友人は言ってくれます。
 本当に、良い思いばかりさせてもらって、命の洗濯な週末でした!
 さーフランス語がんばろ。

[PR]
by baillement27 | 2014-11-24 22:07 | 旅行 ロワール | Comments(2)

土日のお出かけ

 旦那さんをほったらかしにして、土日出回りました。
土曜日はこっちに来てから、ずっと行くようにしている、オーガニック商品の展示会MARJOLAINEです。
 絵描きのLさんと行きました。
 いつもダフ屋でチケットを買うんですが、今回のダフ屋さんは日本語が話せたので驚きました。横浜に住んでたらしいです。
 13時から17時まで会場を歩きまくりましたが、広いので疲れました。食料品はもちろん、衣服やベッド、アクセサリーや食器、日用品など見ごたえがあります。
 去年まではなくて、今年見つけて、お!っと思ったのが布ナプキン・・・こっちの女性はタンポン派ばかりと聞いていたので嬉しいです。紙ナプキンもかなり素材を使っていると聞きますし。私はここ何年か、旅行以外はずっと布ナプキンで快適です。フランスでも普及するといいなあ。
 
 そして買ったもの・・・
b0350090_22374620.jpg
 まあこれはここら辺のBIOショップで買えるのだけど、1つ3ユーロで安かったので、粟と玄米の長い米です。白米だけで食べないようにしてるので、混ぜる為です。
b0350090_22382173.jpg
 アーモンドのパテです。真面目そうな老婦人が売っておられ、味見したら、和菓子のようにしみじみ美味しいので嬉しくて買いました。多分右下のがローマジパンなので、焼き菓子に使う予定です。
b0350090_22404254.jpg
 そしてハリネズミの絵本です。これはイラストも素晴らしく緻密で美しいです。ハリネズミ大好きなので買いました。
 鳥はヤツガシラだと思います。
 もしかしたらこの本は、日本のママンにあげちゃうかも?

 これの他にお茶専門店でプーアル茶を買ったりしました。
あとはごま油とサフランを買いたかったのに、予算不足!
 ここに毎年ポーランドの食器屋さんが出ていて、売ってる人は日本とポーランドのハーフらしくお話したことがあります。食器もとっても可愛いので買いたいのですが、ここもいつも予算不足・・・。
 
 こんなに遊んだ後なのに、この後、最寄り駅まで旦那さんに迎えに来てもらって、近くの気になっていたレストランで食べて帰りました。 
 そこは中華のバイキングなのですが、夜は20ユーロで食べ放題で、なんと手長海老のボイルしたのもありました。海老は私が好きなのですが、旦那さんが食べないので、家では出さない一品です。ここぞとばかりに沢山頂きました。

 日曜日は、日本から顔マッサージの人とタロット占いの人が来るので、お試しモニターになって欲しいといわれ、シャトレまで出かけていきました。絵描きのLさんがいつも個展をやる画廊の地下に、ヨガや座禅をやっている場所があり、そこで行うらしいです。
 まずタロット占いからやりました。
「フランスでもう少し積極的に生きたい」
と言うと、色々私が普段と考えているような事をもっと凝縮した答えを返してくれました。簡単に言うと、笑って楽しい事をやって下さい、というようなことです。
 私は、精神的に自立しておらず、自発的に色んな事をやるのが難しいので、これは良いテーマだと思います。
 そしてマッサージはベトナムの手技だということでしたが、私は首と下腹部が相当良くないと言われました。首は前に事故でむちうちやってるし、下腹部は卵巣腫瘍になったこともあるし、やっぱりね。
 お灸で温めた方が良いらしいです・・・この間帰国時に買えばよかった・・・でも慢性的な運動不足が非常に原因しているのではないか?と自分で感じています。
 もうやめて1年にはなる空手をいつから再開するかだわ。
 あと春になったら、お灸のヨモギを探しにいこうか?

 土日に旦那さんを置いて出るなんて、滅多にないので、申し訳ないけど楽しかったです。 

[PR]
by baillement27 | 2014-11-17 23:16 | いつもの日々 | Comments(2)

虎を説得に・・・パリ郊外に虎発生!

 そう、題名の通り、パリ郊外に虎が出没したらしいです。

http://www.metronews.fr/paris/tigre-a-montevrain-seine-et-marne-reportage-au-plus-pres-de-la-traque/mnkm!ZMBFq1h7fbNB2/

 うちもパリ郊外なのですが、出没したのはディズニーランドパリの近くなので、うちとは結構離れている場所です。
 近くのサーカスとか動物園から脱走した形跡もなく、謎の虎らしいです。
 昨夜は夜を呈して、探しまわったらしいですが見つからないのがまた不思議・・・麻酔銃を用意しているらしいと聞いて安心しました。
 フランス語より、動物語のほうが得意なので、もし今日の買い物中、お会いしたら一緒に警察か消防署に行きませんか?と説得を試みようかと思っています。
 黒柳徹子さんは、著書の中で、「動物には敬語で接すると良い」というようなことを書かれていますが、私もそれは本当だと思っています。多分、めっちゃお腹すいていなければ、丁寧な言い回しで失礼のないようにネゴシエートすると通じるんではないかしら。
 早く見つかって、誰にも危害を及ぼさず、虎も幸せな方向で話が終わりますように!!!

 水曜日のアトリエは、クルミの赤ちゃんでした。
b0350090_05483132.jpg
  アイデアが面白いね。  

[PR]
by baillement27 | 2014-11-14 21:15 | いつもの日々 | Comments(2)

学校の再開

 先週までフランスは秋休みだったのですが、今週から学校が始まりました。
私は現在、2つの学校に行っています。

1)シュタイナー学校の親御さんが集まる手芸のアトリエ
2)パリ市が催す、格安で学べるフランス語の授業

 1、は、近所にシュタイナー教育を実践している学校があるのですが、週1で親御さんが集ってバザーに出す手芸品を作っている日があります。私の知り合いの方でお子さん2人をシュタイナー学校で卒業された、在仏日本人の方の紹介で、私も仲間に入れて頂いています。
 フランス人しかいないので、語学が上達するのでは・・・?という期待と共に始めたのですが、それはなかなか・・・
「次どうするの?」
「これでいい?」
とか位しか、話しませんね・・・。
 でもね、「集団に帰属する」という、日本時代サラリーマンが長かった私には、それだけで少しホっとする空間なんです。

 今週作ったものは・・・
b0350090_20134811.jpg
coquielicot du nain
  ひなげしの小人さんです。
 自然のもの・・・花や期や石などには、それぞれ小人という精霊のような存在がいると信じられているそうです。日本の八百万の神みたいなものかな?
 そういう話を聞くと、おとぎ話好きだったことを思い出して、ちょっとドキドキします。フランスの民話とか読んでみたいです。
 11月末のクリスマスマーケットで、この小人シリーズも売り出される模様。頑張ってもっと作らねば!

 一緒に作っていたお母さんは7月に出産されたということで、まだ小さい女の赤ちゃんを抱っこしていました。ものすごくかわいい・・・。笑いかけると、花のような満点の笑顔で返してくれます。赤ちゃんと接するとなんか胸がスーっとするわ・・・清らかな存在だからかな。

 終わってから近くのスーパーで買い物をし、カードでお金を払おうとしたら、動かないのです。ものすごくアセりました。
 レジの人がどうしますか?といったので、なんでかわらんけど、動かないので払えません!と謝ったのだけど、そのレジの人がフランス人らしからぬ(!)ものすごく優しい人で「問題ないですよ。お気になさらないで。また、今度お越し下さいね」と言ってくれたので救われました。
 でも実は、レジにて全部の商品を返品するのは2回目です・・・。
 
 そして昨日はフランス語の授業!
ソルボンヌ大学の近くにある建物で授業は行われています。
 私は自分のレベルから少しだけ上かなと思うレベルを選択したのですが、どうやらこのクラスの最下位は自分のようです。
 他の人は在仏17年目の人とかいっぱいいて、なんでこのレベルかな?と思うくらいペラペラ話しています。
 すごーくプレッシャーで、たまになんのことか聞いてもわからないのだけど、大体においてよーく聞いておけばわかるので、頑張って聞いています。
 でも昨日は先生に「意味わかってる?」と聞かれて少しショック。意味はわかるのだけど、なんでこんなことを聞くのかわからず、戸惑う時が結構あるのです・・・。でも理解度が低いということを認めてもっと勉強だー!

 フランスは結構寒くなりましたね。
紅葉が奇麗です。

[PR]
by baillement27 | 2014-11-07 20:43 | いつもの日々 | Comments(2)

滞在許可証とさらば、友よ!

 昨日は、3年目の滞在許可証をもらいにプロフェクチュールに行きました。
7月に申請して、出来上がったという連絡が10月末にあるのですから、なんてすばらしい国なのでしょう!と毎回思います。
 それにほんとーに、メンドクサイのですよ・・・申請の日は早朝から並んで、昼の2時に終わり、滞在時間7時間とか。日本にいるフランス人の友人とか、サッサと外国人登録してもらえたりして、なんでやねんと思います。
 昨日も「出来上がってる滞在許可証を取りにいく」という事だけなのに、整理券をもらうのにまず1時間並びました。整理券が出る機械が、定刻まで使えなくなるようにしているのです。私たちは2番目だったのですが、1番目に並んでいた人がどうやら、並び屋さんだったらしく、その人に頼んでいたのだろう人々が3人もきて、私たちは5人目になってしまったのにはカナリかちんと来ました。
 旦那さんが順番無視せんとってーみたいなことを言ったのですが、向こうは向こうで主張をしていて、そこで旦那さんも黙ってしまいました。その後私が「なんて言ったの?」と聞くも、答えたくない様子でした。
 定刻になって、怖ーい顔した女性警察官が整理券の機械を作動させに来ました。そこで、並び屋さんたちの主張が一人分受け入れられず、私たちは4番目になったので、少し溜飲が下がる思いでした。
 日本だったら、警察官などおらずとも、個人の良心で整理券を作動させておくと思いますけどね・・・。そして警察官がいてもこうですもの。
 フランスは色んな国の人がいるので、倫理感の違いにものすごーく驚かされます。多国間の一番の違いは倫理観ではないだろうか?と思います。

 受付のマダムに、あなたの名前って日本語ではどういう意味なの?など聞かれながら、無事に滞在許可証をもらいました。
 来年こそは10年だ!

 旦那さんは車で家まで送ってくれて、すぐ会社へ向かいました。
ご飯も食べずに・・・痩せてしまいそうで心配です!?
 
 夜、旦那さんから「悪いニュースがある」と告げられました。
義兄が飼っている犬のマヤが、亡くなったという事です。
b0350090_20125058.jpg
 一番最初に会った時のマヤです。
旦那さんに「オオカミみたいに大きくて怖いよ!」と冗談で脅された事を覚えています。
 本当に大きくて黒くてイカついけれど、マヤはいい子でした。
私たちがご飯を食べていると、横でぼんやりしています。たまに一生懸命こっちを見ていて、目が合うと、アッ!みたいな顔をするのがたまらなく可愛いのです。なぜか耳が1つ立って、1つ寝てたりしてユーモラスだったり。
 居間でテレビを見ていると、なんとはなーしに来て、背中をかいてとせがまれました。

 マヤは保護センターからもらわれて来たということでした。
なんでも子犬の頃に虐待されていたようで、私たちが知り合った時でもまだ、おどおどした顔をしていました。
 姪や甥はマヤのことをとっても可愛がっているのがわかるのですが、義兄は少し神経質なところがあり、マヤがちょっと気に障るのか、たまにものすごく理不尽なことで怒る事があり、正直見ていて心が痛い時がありました。
 私があまりに可愛い可愛いとマヤに言っていたら「そんなに好きだったら、クリスマスプレゼントにマヤをあげるよ!」なんて言われた事もありました。
 しかし、昨日旦那さんに電話をしてきた時、義兄はものすごく泣いていたようです。お互い他の人にはわからないけれど、良き理解者だったのかもしれません。

 これは最後に行ったときに、撮った写真です。
マヤはもう10歳で人間で言えば70歳くらいでした。心臓に少し欠陥があったようで、荒い息をいつもしていました。
 亡くなったときは大変苦しそうだったそうで、お医者様の元で安楽死を選んだようです。
b0350090_19442424.jpg
 私は前に飼っていた、ダックスフントのペペにマヤが虹の橋を渡れるように、ガイドしてほしいと心の中で頼みました。 
 ペペもマヤも臆病だったから、うまくいくでしょう。

 また会おうね、大好きなマヤちゃん。

[PR]
by baillement27 | 2014-11-04 20:58 | いつもの日々 | Comments(2)

まあまあイケた餃子の作り方








b0350090_06232900.jpg
材料 30個分

 餃子の皮 30枚

(具)
 豚ひき肉 150g
 キャベツ 100g
 タマネギ 小1つ
 干し椎茸 大1つ
 しょうが ひとかけ
 にんにく ひとかけ

(調味料)
 オイスターソース 大1
 砂糖 小1
 醤油 大2

(隠し味)
 干し椎茸戻し汁 (具の干し椎茸のん)
 鶏ガラスープ 小さじ1
 ゼラチン 3g
 水 50g

作り方
1)隠し味のゼラチンに水(材料外)をかけてふやかす。
2)干し椎茸戻し汁、鶏がラスープ、水を合わせて少し温め(レンジなど)、ゼラチンを入れて溶けるまで混ぜたら、冷蔵庫にて冷やし固める。
3)具の野菜を全て細かくみじん切りにし、ひき肉と調味料、2のゼリーを入れて、よく練る。
4)餃子の皮に入れて整形する。
5)大きめのフライパンを、最初よーく熱する。油を入れて、餃子を並べたら、水を餃子の半分注いで、中火の強火で蒸し焼きにする。
6)焼けたらお皿の上に乗せて、出来上がり。

 はがれない時は、フライパンの底をぬれぶきんでジュっとするとはがれるようです。

 フランスで売ってる餃子の皮、結構厚いので、この具材全部は包めなかったです。具は少し少なめでしたが、今回は味付けが良かったので旦那さんと奪い合うようにして食べました。これは結構味薄めなレシピですが、味噌など入れる人もいますよね。
 フランスでは焼き餃子は自分で作るしかないので(パリには美味しいとこあるけど遠いし)気合いを入れて作っています。今日は小籠包が食べたかったのだけど、野菜も沢山取りたかったので、2つの良いとこどりな作り方にしました。
 皮も昔は作ってたけど、今はすっかりめんどくさくなり、中華街で買ってしまいます。皮もなくて、餃子が食べたい時はライスペーパーでも美味しいです。 

 今度はしゅうまいにチャレンジしてみよう。

[PR]
by baillement27 | 2014-11-02 06:42 | おうちごはん | Comments(2)


ささいなことかもしれないけれども


by バイエ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

最新のコメント

eiさん ありがとうご..
by baillement27 at 02:58
ご結婚5周年でしたか! ..
by ei5184 at 15:28
そうなんです。あっという..
by baillement27 at 01:08
ご結婚5周年おめでとうご..
by canomama at 21:14
菊は防虫効果があるからか..
by baillement27 at 19:19
へ~!お盆みたいなんがあ..
by canomama at 15:08
eiさま  ご無沙汰し..
by baillement27 at 06:41
カノママさん  地震大..
by baillement27 at 06:38
ブログの復活、これからも..
by ei5184 at 19:01
秋を楽しんでるかな(*^..
by canomama at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

レユニオンの生き物達
at 2017-09-22 04:34
レユニオン美味しいもん
at 2017-09-21 19:42
レユニオン島2
at 2017-09-15 01:49
レユニオン島1
at 2017-09-10 03:55
旅立ちの時と最近の食卓
at 2017-09-04 20:06

外部リンク

ファン

ブログジャンル