Meilleurs vœux

あけましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。

 大晦日から元旦は、素敵な友人の家で人間4人猫2匹?と過ごして参りました。
 大晦日はどんちゃん騒ぎして、元旦は寝て、2日から仕事なのがフランス流です。
招いて下さった方はお料理の師匠なのですが、ほんまうますぎ。舌も超えてるので、クオリティ高いのがドンドン出てきます。
b0350090_10025341.jpg
 夫婦ともにワインのプロなので、良いシャンパンやワイン、すごい日本酒がバンバン出てきます。
 もう普段飲まないのに、飲みまくり。ヤギのチーズ、海苔とワインと日本酒とかのテイスティングは最高です。混ぜまくりで飲んでも良いお酒は変な酔い方しませんし。

 可愛い方もいます。
b0350090_10031768.jpg
お顔隠して尻隠さず?
b0350090_10022423.jpg
日本風な感じで撮れました。
b0350090_10042775.jpg
猫のお布団で寝ています。

 何日か前から、黒の猫が遊びに来ていて、友人はご飯をあげているそうです。
 朝、10時には来ると聞いていたのでドキドキとしてドアを開けると待ってたの!
 毛が長くてまだ小さくて、すごい美人。最初少し怖がってたけど、呼んだら私の所に来て、コテンとなるので、どこかで飼われて居たのかも?
b0350090_10035843.jpg
クロエちゃん(仮称)

 一応、隣の家が別荘なので、下のカーブを開けてそこをクロエ用にしているそうで、そこで寝てるかもということで安心しました。
 ご飯をもりもり食べると、クロエはどこかに行きました。
 その後帰ろうとドアを開けると、またいた!連れて帰りたかった…。(旦那さんがダメと)
 ヨーロッパでは、割と動物の福祉はちゃんとしてるかと思いきや、フランスはバカンスのたびに4万匹捨てられると聞いてゾッとします。クリスマスプレゼントもペットが多いみたいです。ペットショップなくなって欲しい。
 日本でもフランスでも動物の福祉の為に頑張る人達がいますが、私も何か出来ることをしていきたいです。

 帰ってから、わが家でもささやかに御節を頂きました。
b0350090_10012746.jpg
 大根の甘酢のサーモン巻き、むね肉のパテ、クミン風味、コンニャク煮、煮染め、アブラメの西京焼き、お雑煮です。全部美味しかったです。

 去年の暮れ頃から、春に長期滞在のビザが降りた時のことを思い出していました。
 ビザを出す係の人はとても意地悪で、外国人を動物のように扱うので、私はビザ更新が嫌いでした。でも暮らすのには行かねば行けなくて、旦那さんと1年に1度はとても苦労をしていました。
 ところが、去年の春にようやく待望の10年のビザが取れ、とても嬉しくて窓口で、ありがとうございます!と気持ちを込めて、お辞儀をしました。
 するとその意地悪な係の人の顔が、少しほころんだように見えました。
どんな人でも心を入れて付き合えば、通じるものだなあと感じました。
最近、このことを何度も思い出すので、今の私に大事なことなのかもしれません。

# by baillement27 | 2019-01-02 10:04 | 旅行 ロワール

今年もありがとうございました。

 わー明日で1年おわりやー。
みたいな12月でございました。

 なんか今年は9月から風邪をひきまくっています。
 パリに買いもんへ行くと風邪をひくみたいです。旦那さんは公害のせいとちゃうかな?と言ってますがわかりません。パリの公害レヴェルは北京と同じだそうです。また、今冬は暖かく、我が家は森の近い所で、パリと少し寒暖差があるのかもしれません。
 クリスマスプレゼントを買いに行き、その日も暖かかったのにマフラーなどまいていたせいか、3軒回り(無印、ユニクロ、花屋)そして、汗もかき、結構歩いたからか、次の日からやばくなり始めました。
 45歳というのはやほり節目みたいなとこがあるのか、風邪の引き方も少し老化したのか?という感じになっています。まず何日か、風邪かどうか?みたいな感じが続き、前ならこの段階で気合いでなおしたのだけど、今は三日目くらいで本格的におっぱじまります。1日目は発熱、2日目前半で熱がワーッと出て、三日目で終わるのだけど、そこから無茶するとまた、ぶり返しそうになります。ちなみにこの間、何も薬とかは飲みません。フランスではホメオパシーがあるので、今度飲みたいと思っています。
 風邪の進行状況はコーヒーのまずさでよくわかります。まだ治ってない時はコーヒーがまずいです。
 クリスマスは23~25日までブルターニュの義兄家に行きました。大抵1年のうちに何回かは、お邪魔に行くのですが、今年は全く行かなかったので1年ぶりの再会でした。
 義姉が17kgのダイエットに成功していて、若い時のように美しくなっていました。でもクリスマスの時はダイエットは忘れるわよ!と言っていたのが、やはりフランス人ですね。
 この方も相変わらず可愛くて。
b0350090_08362391.jpg
マティです。

 泊まった次の日の夜にご馳走を食べるので、24日は料理を頑張ります。私の巻寿司も、今まで寿司を食べたことなかった義姉の父母も食べてくれるようになったので、パリから刺身を持ってきての張り切りようです。去年からブッシュドノエルも担当するようになり、今年はダークチョコレートとオレンジクリーム、金柑のオランジットで作ろうと、6ヶ月前から漬け込んだ金柑のシロップ漬けまで持ってきています。
 しかし、この日から発熱をぶり返してました。なので、隠れてゴロゴロしつつのご馳走作り参戦です。なぜか普段飲まないお酒が美味しかったです。
 この日はカナペを義姉の父母、パピー&マミーが作り、前菜に巻寿司が定番です。フォワグラとランプフィッシュ、サーモンリェット等です。フォワグラは、前は苦手でしたが、マミーの作ってくれた林檎のジャムとなら食べられます。クリスマスなので、2枚は頂きました。
 今年は巻寿司だけではなく、シリコンのドーナツ型に酢飯を入れて、寿司ドーナツにしました。(写真はありません)

 結構これだけでもおなかいっぱいになるので、もうデザートで終わりでもええで、と思いましたが、シーフードの盛り合わせです。こういうの大好き。

b0350090_08334545.jpg
 今年のメインは七面鳥の丸焼きでした。いつもは、パサパサなのであんまり好きではないけど、中のフィリングも沢山詰めてあり、おいしーく焼けていました。
 この段階で、もうお腹はちきれるー!みたいな感じなのですが、とてもゆっくり食べるので(19時から0時くらいまで)、不思議に量がいけてしまくのが、怖いです。
 そしてブッシュドノエル。
 ガナッシュとオレンジの相性は良いですね。金柑も良かったです。12歳から、ブッシュドノエルを作っているので、毎年作りたくなります。私が作るとどうしても、甘さ控えめなお菓子になるのですが、他の人は物足りないかもしれませんが、健康の為に良いですしね?
b0350090_08341790.jpg
切り株ワスレテル。

 0時、プレゼント交換の時間です。
 クリスマスツリーの下に自分の名前を書いてあるのがあるので、それをもらいます。
 今年は7年目になるからか、お互いに傾向がわかってきたようで、プレゼントが被っていたのが面白かったです。姪にキノコ育てキットをあげたけど、彼女は私に蕪育てるキットをくれたり、甥とその彼女にあげたのはお茶だとしたら、向こうもお茶だったり。
 あとずーっと欲しかったピクニックセットを義姉から頂きました。春になったら使います。
 フランスに来る前はクリスマスなど、どーでも良いと思っていましたが、今では大事な行事の1つです。今年は黄色のベストが街を占拠していたりしたので、フランスはなんか少し嫌なムードで、イルミネーションを見てもときめかめなかったり、スーパーに並ぶ買え買えといわんばかりの商品を見て、うーんざりと思っていたのですが、義兄家で過ごすクリスマスは、いつも本当に家族の温かさを感じます。

 25日の昼間もご馳走で、それを食べたらもう帰りました。
 甥をレンヌのアパルトマンまで送り、私達は22時くらいについたのですが、それから料理するのが嫌だったから、ハンバーガーを食べました。
 次の日、またその日も大掃除せな…と思いつつ、なんかしんどくて少しずつしか出来ず。風邪アゲイン。
 28日は、髪の毛を切りに行き、プチ忘年会。マクロビオティックをしている人なので、玉ねぎの味噌炒めや、ひじきの炊いたんを食べながら、シャンパンを飲みました。こういうの1番好きやなー。
 男前になりました。zaraのモデルさんが可愛くて、写真を見せてこれにしてーと頼みました。若い頃は出来なかった注文の仕方です。全く我が身を鑑みてはおりません。
b0350090_08235389.jpg
 29日は今年最後のエクスチェンジの日で、久しぶりにフランス人の小説家の友人とカフェでおしゃべり。彼女は文字を使う職業なのと、フランス語も教えてるので、話がわかりやすくて助かります。
話していると、ウエイターが寄ってきて、僕もフランス語習いたい。とのこと。美男子のトルコ人で私なんかと比べもんにならんくらいフランス語上手いけど、どんなレベルの人でも上達したいみたいです。

 来年もコツコツ、フランス語を勉強します。 

 今日は風邪を引き始めた旦那さんと、喧嘩しながら、ようやく大掃除を終えました。
 おせちもささやかだけど、冷蔵庫にスタンバイ。
 普通に過ごせる事のありがたさを、風邪が経過しようとしている今、ひしひしと感じます。風邪を引くのは運動不足もあるだろうから、来年からなんかせなね。
 12月は父の命日があるからか、この時期は年々想いが濃くなるような気がします。

 来年もゆるゆると行きたいと思います。カツカツな時もゆるゆるな時も、病める時も健やかなる時も、楽しくいきましょう。
 愛をこめて💓💓💓それでは!

# by baillement27 | 2018-12-31 07:34 | いつもの日々

日本人よ、パリでスリにあわないで欲しい

 これは前から書きたいと思っていたこと。長くなります。
というのも、私の知人とかで折角パリに来てくれたのに、スリに合う人が多すぎるので、その度に心が痛くなり、ほんとにもう二度と、日本人にスリにあって欲しくないんです。

 この間、フランスの新聞の記事で「日本に行こう!」「日本でなんか困れば、私はフランス人と言えば開けゴマ!のように(魔法みたいに)日本人は我々を助けてくれる。」など書かれているのを読みました。頭からドァッカーーーンと何かが吹出るのを感じました。おまえらはフランスで日本人を傷つけといて、ジャポンで何、エエ思いしよーとしくさっとんじゃー!!!と叫びたくなります。

 日本の皆様、正直、パリになんかこんでもええんとちゃいます?パリのレストランより、東京のフレンチのが安くて美味しいし、(実際、今パリで行くべきと言われてるのは日本人シェフがいるとこばかり)、雑貨とかも沢山種類があり素敵だし、トイレ綺麗で、(ないか金取るか汚い)し、道もホームレスの方が沢山いて心痛むし、歩きタバコの人むちゃくちゃ多いし、美術館とかはそら凄いけど、日本で特別展の時に行くとかでも良いのでは?と、思ったりしてます。スリにあうと、本当に心が萎えますしね。

 まー私が嫁入り前は、全くフランスに興味が無かったので、というのもありましょう。スペインとかポルトガル、東欧とかなら素敵だと思えるのですが、フランスはなんか、見え見えにオシャレな感じがして敵意。でも来てからはそれはパリだけやーん、でしたが。

 なんしか、スリにあわんでくださーい!この夏でしたか、フランスのとある地方で知り合った日本人男性が、明日はパリに行くというので、「スリに気をつけて」と口を酸っぱくして言い含めたつもりでしたが、次の日スリにあったーと連絡来ました(><)
 おまけに、日本大使館に行ったのに、閉館1分を過ぎていただけで、受け付けて貰えなかったらしいですよ。どんだけ冷たいん?その日は金曜日で、土日一体どうさせるつもり?日本の大使館の悪口は他の国でも聞くよ。
 この人は不幸中の幸いな事が沢山あり、お金は失ったままでしたが、結局他のものは返ってきて、予定していた次の国にも行くことが出来ました。その人がスられたのは、あるパリの日本のイベントで、日本人には気の抜けてしまう場所だったというのも大きいです。
 他の友人も新婚旅行で来て、全て取られ(これは強盗でしたが)結婚式の録画も入っていたビデオカメラも取られ、その記録は他に保管してなかったので泣くしかありませんでした。また、来た初日にスリにあい、そのまま日本に帰るしかなかった人もいます。
 スリは生きていくのに死ぬ思いで犯行を働きますので、実にそのテクニックは巧妙で、普通の人たちには見抜くことが出来ません。友人の1人に、追いかけてスリを泣かせて取り戻した人がいますが、ほぼ気づくことすら出来ず、事前に守る以外ないかと思います。

 私はというと、この7年弱、1度もスリにあっていません。
まず、武道をしていた時の視線の取り方を、いつも心がけています。 それは自分の目がお腹らへんに付いていて、その目を使いながら歩いていることを意識する方法です。これをすると、視界が広がるというか、色んなことに気が付きやすくなり、オーラみたいなのも大きくなり、敵(スリ)もアイツはなかなかやるな、みたいな雰囲気を感じ、寄ってこなくなるそうです。でもフランスに来た時だけ、やるのはむつかしいのでいつもの自分の場所でもされることをオススメ!背筋も伸びるはずです。
 1番最初のが、1番難しいみたいになってごめんなさい。

 次に、長財布など「財布に見えるもの」を使わないことです。お金やカードは、それ財布?みたいなのんに入れましょう。私はファスナー付きの5cm位の小さなポーチに入れてます。チェーンとかで鞄とくっつけるとか良いと思う。
 ついでに言うと、現金はほぼいらんので、滞在期間にもよるけど10日とかでも、100ユーロ位を20€と小銭にして持ってくると良いです。クレジットカードはアメリカンエクスプレスは使えないので、他のを出来たら2枚、もってきます。(クレジットカードの会社にフランスで使えるか聞くと良い)
 お年寄りはカードを使わないので、30万円を€にして持ってたおばあさんが、スられたと聞いたことあります。
 カードは保険きくのと、デビットとかも良いかと思います。

 財布やパスポートは、鞄は小さな肩から下げられるポーチみたいなのに入れて、たすき掛けして、常に片手で押さえます。リュックやハンドバッグとか絶対ダメです。気づいた時には、もうないです。
 レストランやカフェでは、そのカバンは必ず膝の上に置きます。椅子に掛けて無くなる人も沢山います。テーブルの上に携帯は置いてはいけません。
 メトロでは乗る時に押し込んで乗ってくる人がスりらしいので、周りに鋭い視線を配りつつ、注意しつつ乗ります。
 I-PHONEはすごく取られるらしいので、首から掛けたりすると良いかと思います。旦那さんの空手の生徒が(フランス人)スられて反動的にスリの鼻の骨を折ったと言ってました。

 なんしか、話しかけてくる人は、無視した方が良いです。(良い出会いもあるけど、大体胡散臭い)特に自動販売機で切符買う時、キョロキョロしながら、クレジットカードのパスワードは隠して押しながら買いましょう。
 服装は、パリに来てオシャレな服を着ないなんて…と思われるかと思うけど、メトロで移動する場合、ふわふわ巻き髪とか、今流行ってるスカンツ?とか(フランスできてる人見たことない)、みたいなジャポンから来た日本人やー!と思われないような、日本人からしたら少し実用的に見える格好が良いかと。スリは一瞬で現地の人か見抜くらしいです。まあそんなん言ってもフランス人もむちゃくちゃスリにあいますが。日本人がほわーんと談笑しつつ、スマホ見ながら、ブランドの袋下げて歩くのは、スリからしたらカモネギとしか言えないので。
 ホテルでご飯とかディナークルーズとか、ブランドのお店等に行く時は、めかしこんでUberで行くとかが良いと思います。タクシーもアホが沢山おるそう。
 パスポートのコピーも紙ベースで持ってきた方が良いかと思います。

 今は黄色のベストのデモがあるから、ペつの危険もありますね。少し前のテロから日本人観光客が減っていたのがやっと増えて来たのに、また減りそうです。来られる時は色んな情報を見て、調べて来てください。なんも知らんのー?って人が多いです。知ることが1番の防犯です。もしもの場合も案を用意して置くのが良いですね。

 目つきは常にヤクザ映画の俳優さんのやうに。近寄ったらやけどしちゃうで、みたいに。
あ、何回もパリに来てフワフワって雰囲気の日本人の友人がいるのですが、彼女スリにあったことない。歩くのすごい早いんですが、そのせいかな?

 楽しい旅行になりますように!!!

# by baillement27 | 2018-12-10 06:02 | フランスのおすすめ

黄色のベスト!と、マルシェドノエルに参加

 フランスは今とても大変な時期です。
 黄色のベストと呼ばれる人たちが、週末パリでデモをしています。この人たちは、パリに住む人達ではなく、地方の人です。
 彼らの要求は、ガソリンの税金を上げることへの反対と、スミックと呼ばれる最低賃金のアップ、富裕税廃止の反対です。
 地方にはパリのように、交通網が張りめぐされていないので、どうしても自家用車がいります。パンを買いに行ったり、病院に行くのにもいる場所もあるそうです。だから、ガソリン代が上がるのはとても大変なことです。
 どうして黄色のベストかというと、フランスでは各車に黄色のベストを乗せることが義務付けられております。事故の時などこれを着て、他の車にわかりやすくするそうです。だから、これを着てデモをするのは、車を乗る人が困っているのだよというアピールです。
 昨日、政府と黄色のベストの人達が話し合い、ガソリン代アップは、半年だったか?とりあえず凍結ということになりました。しかし、まだ足りない!ということで今週末もあるとかないとか。
 フランスの国民の70パーセントが、彼らを指示しているという声があります。
 私もやり方は荒っぽいと思うけど、きちんと物申すフランス国民を見て、どこかの極東の国と違って、革命によって民主主義を勝ち得た国は違うのだなあ、うらやましいなあと思っています。

 今年もいつもの時期がやって来ました。
b0350090_20144983.jpg
 来仏してからずっとお世話になっている、シュタイナー学校のクリスマスマルシェです。 
 3年前から私も友人と出店し始めました。手作り石けんや、和雑貨などです。今年は折り紙ピアス等も作り始めました。
b0350090_20154432.jpg
 これが若い女の子に人気!
鶴の形は売り切れました。
 付けるとこんなん。
b0350090_20175046.jpg
鶴やないけど。
b0350090_20170878.jpg
 今年は隣のブースが、メキシカンの大家族で、スペイン語が飛び交い、とても素敵な人達で、一緒にいると楽しかったです。
 可愛い方もいました。
b0350090_20172469.jpg
 シュタイナー学校大好き、私の学校!と勝手に思っています。
b0350090_20163211.jpg
 打ち上げでは、給食の方が美味しいパエリアを作ってくれて、皆で食べました。うちの旦那さん(太っちょ)もマルシェには前日荷物を運んだことと、送り迎えしかしてないのに、それには大いに参加して何回もおかわりして、恥ずかしかったです。

そして先週日曜日はこれ!
b0350090_20152215.jpg
 手芸教室に行ってる教会で、バザーです。
 信者でないけど、売るものはミルクの足りない地域に寄付されたり、教会の資金になるということで、頑張りました。
b0350090_20182847.jpg
 まあこのように、饅頭は全て爆発しましたが。
 白餡は、スーパーで売ってる白花豆の水煮を砂糖で炊くだけなので、簡単です。 
 あとは、焼きまんじゅう、ジンジャーシロップ、クリスマスマフィンなども作りました。私はお茶係で飲み物を担当しました。
 ものすごく人が来て、売上も過去最高だったそうです。私はプロテスタントでしたが、教会に通っていた時期があったので、教会にいるのがなんだか好きです。フランスに来てからは、イスラム教を初めて知りました。お寺や神社も日本に帰ると必ず行くし、宗教に興味がありますね。

今年もあともう少しですね!
ゆるゆるいきまっせー

# by baillement27 | 2018-12-05 20:18 | いつもの日々

パークアステリックスへ

 昨日は旦那さんの会社の福利厚生の一環で、遊園地に行きました。
 パリ近郊には、ディズニーランドと、パークアステリックスというのがあるのですが、ディズニーランドには3年前に行かせてもらえ、今年はパークアステリックスでした。
 本来なら、この園は11月から春まで閉園しているそうですが、会社の貸切だということで、開けていました。私達は子どもがいないので、遊園地とかこういう機会がなければ行きません。だけど、旦那さんの同僚の仲良しの家族と一緒に行くというので楽しみでした。
 その家族は、日本で言うステップアップファミリーで、連れ子同士の再婚で、今の夫婦の間に赤ちゃんも産まれたので子どもたちは5人の大家族です。今回は赤ちゃんは小さ過ぎるということで、旦那さんのご両親に見てもらったそうです。
 初めて会った時から皆グングン成長しています。特に1番小さい女の子は前は5歳前くらいでしたが、今は7歳で美人になっていました。目が合うと微笑んでくれる、知的で素敵な少女です。私達は言葉以上のもので繋がってるのではないか?とおばちゃんは勝手に自惚れています。

 昨日は雨が降っていたけど、遊園地に着いた頃は晴れてきました!
b0350090_00041171.jpg
 パリ内大渋滞で、14時くらいに着いたのですが、まずはご飯だと、前述の家族が席を取っていてくれてたので園内のレストランに行きました。このレストランは思っていたより本格的で、サービスの方も親切で、美味しかったです。
 しかし食事を楽しむあまり、16時くらいにレストランを出て、そこからアトラクションに向かいました。18時に閉園やのに、どーいうこっちゃと思いましたが、まーフランス人なので仕方ないですね。
b0350090_00060011.jpg
 ますは、回転のないジェットコースターに乗りましたが、思わぬ事が発覚しました。
私の身体は既にジェットコースターに乗ることに、耐えられないものになっているのです!とーっても怖いのです!前は(と言っても何十年も前)叫んだことなどなかったのに、日本語で喚きまくりでした。
 日本のジェットコースターはこんなものでは無いくらい、凄いし、若い頃は好きだったので、フランスのなんか楽勝と思っていたのでとても意外でした。
b0350090_00051515.jpg
 これはおかしい!と気を取り直して、日本にもよくあり好きだった、バイキングの船のような、上下に大きく動くのに乗りました。1番最初のは旦那さんはガタイが大きすぎて乗れなかったのですが、これは隣同士で乗れました。
 ところが!これも大きな恐怖を感じ、やめてーとめてーこわいー!と叫びまくりで旦那さんは大笑いでした。しかし旦那さんも怖かったみたいで、もう乗らないと言っていました。
b0350090_00064498.jpg
 最後に1番パークの中で怖いのに乗ろう!行くわよー!と同僚の奥さんに半ば強制的に言われました。
 旦那さんは前のでびっしょり汗をかいており、僕はもうイイよと言いましたが、私は受けて立たんと大和撫子がすたる!と平気な顔して彼女について行きました。ジェットコースターというのは不思議なもので、乗っている時には、ドキドキで凄まじいスリルなのですが、降りるともう一度あれを経験してみたい…という独特な気持ちになります。
b0350090_00062162.jpg
 今度のは回転タイプなので、前のふたつと違い、ガッチリ体を支えられる感じでこれなら大丈夫かも?と思ってると発進しました。「目を閉じてー!」と奥さんに叫ばれ目を閉じてると、もうそこからは洗濯機の洗濯もんのように、私の体はクルクル回り、やはり壮絶な恐怖で叫びまくりで喉が破れるかと思いました。
 多分三分くらいなのですが、ボロボロになって到着し、同僚と奥さんは私を見て大笑いしていました。降りてからも身体がブルブル震えて、乾燥機にかけられた衣服のようないでたちでした。
 乗っている間の様子を撮影したものを売っていますが、顔が酷すぎて、自分でも爆笑しました。
b0350090_00071889.jpg
 夜は花火を見てさようなら。
 普通に入ると45€らしいので、自腹で行くのは絶対ないですが、ディズニーより、こちらの方が好きです。
しかし、帰りの車で気持ちが悪くなってしまいました。なんでも目を閉じてジェットコースターに乗るとよくないらしいです。私はハードコンタクトなので取れるのが怖くて目を閉じていたのもあるのですが、前を見て乗る方が良いそうです。
家に帰ると食欲復活で安心しました。

 今度は60歳になったら再チャレンジしてみたいです! 
b0350090_00074082.jpg

# by baillement27 | 2018-11-12 00:08 | いつもの日々


ささいなことかもしれないけれども


by バイエ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

最新のコメント

eiさん ありがとうご..
by baillement27 at 02:58
ご結婚5周年でしたか! ..
by ei5184 at 15:28
そうなんです。あっという..
by baillement27 at 01:08
ご結婚5周年おめでとうご..
by canomama at 21:14
菊は防虫効果があるからか..
by baillement27 at 19:19
へ~!お盆みたいなんがあ..
by canomama at 15:08
eiさま  ご無沙汰し..
by baillement27 at 06:41
カノママさん  地震大..
by baillement27 at 06:38
ブログの復活、これからも..
by ei5184 at 19:01
秋を楽しんでるかな(*^..
by canomama at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

外部リンク

ファン

ブログジャンル