春待ちフランス

 太陽の蓋という、8年前の3.11に何があったか?をドキュメンタリータッチに描いた映画がフランスで放映されることになり、前総理大臣の菅さんが、フランスに来ました。
 彼は今は反原発派の立場になって活動されています。この映画を見れば、あの日にどれだけ日本や世界がピンチだったか、私達が今生きているのはただの偶然にしか過ぎず、それでも尚、原発を続けようとしている日本政府に恐ろしくなります。
b0350090_07365936.jpg
 映画の後に、聴衆から質問され、次々に答える菅さん。

 この後カクテルパーティーがあり、招待状を貰っていたので、参加して菅さんに、色々質問してみました。
b0350090_07363537.jpg
 物凄くお疲れのご様子でしたが、写真を快諾してくださいました。あの時はとても腹が立ちましたが、今は同じ気持ちを持っている同士です。菅さんや私たちの反原発活動が、どうか実りますように。

 先週パリはとても暑く、17度くらいになりました。
アイスクリームなど女友達と食べたり。
b0350090_07375748.jpg
 アモリノというアイスクリーム屋さん、すごーく美味しいです。
 マンゴーとピスタチオで、さっぱりこってり。

 先週末は久しぶりに、旦那さんの稽古に付いていき、パリを南下してドローム県にあるヴァロンスという場所で2泊しました。
 旦那さんはその近くの禅寺で、禅合宿。私は旦那さんの、空手仲間の奥さんのルーマニア人とその家な宿を借りました。

ここには素敵な方々が…。
b0350090_07390986.jpg
 起きたら足元に猫!素晴らしい!あー毎朝こうだったら!
 添い寝してくれたのは、グリゾイちゃん。庭のリスを捕って見せびらかしに来る(!)空手5段の黒帯の飼い主も、わなわなさせる、野性味溢れるイケメンです。あんまり触らせてくれません。
b0350090_07393963.jpg
 ミミちゃんは、お腹のタポタポしている、美人さん。顔半分ずつ違う柄というミステリアスガール。グリゾイと違い、ナデナデさせてくれます。
 しかし、2日目の朝5時に「外に行きたいので、ドアを開けてよ、ミアーオ」と起こされました。無視しようとしたけど、10分くらい鳴かれました。私がメロメロなのを見透かされています。

 旦那さん達が合宿に行っている間、奥さんが色んなお楽しみを用意してくれていました。
 船のレストランで揺られながらご飯を食べたり、チョコレート博物館みたいな所でプログラムを楽しんだり、陶器を買いに行ったり。
 この場所はローヌ川が流れ、それを挟んだ景色はとても素晴らしく、山々も遠くに見えて、壮大な景色にパリから来た私はとても気持ちよく過ごしました。

 このおうちのスミレもすごく可愛くて。
b0350090_07405916.jpg
 ドローム県は、果樹園がとても沢山あり、もう少し遅ければ、あんずやさくらんぼ、桃の花が咲き乱れ、桃源郷のように美しいのですが、それが見られなかったのが少し残念!
 お家近くの羊小屋を眺めたり(イースターには食べられてしまうのかしら?などと心配)するのも、牧歌的で心がのびのびしました。

 あーもーパリには帰りたないわー!!!
b0350090_07401836.jpg
 庭では、野菜も栽培していて、ランチがとても美味しくて満足でした。
 奥さんは、日本に何回も来ていて、日本が大好きらしく、味噌汁も好きだというので、彼女の買い置きの、フランスで売ってるインスタント味噌汁を試しましたが、えー!!!という酷い味。出しの風味はどこに?
 次は絶対に、私の味噌を持ってくる!いやここで、味噌アトリエしてみせる!!!と下手なフランス語で誓いました。

 この2日で早起きもしたし、散歩もしたし、で、すっかり身体が綺麗になった気がしました。しかし帰りのザービスエリアでまた、おかしなモノを夕食に食べた。だってそれしかないんだもの。
b0350090_07414237.jpg
ほなな!変な言葉で話しかけてくるマダム、バイバイ!

# by baillement27 | 2019-03-05 07:42 | 旅行

新春なフランス

 語学学校の私のクラスは、中国と韓国の人の率が高く、私も含めアジア人が多いといえます。隣国同士なのに、皆フランス語で話します。韓国の人は昔日本語を習うのが、本国で流行っていたらしく、少し日本語を話せます。中国の人は話すのはさっぱりお互いわかりませんが、書くと「わかるわかるー!こう書くよねー!意味も一緒やんー!」となったり、「あ、でも日本はこうやねん」「えー中国とちゃうやん!」となるのがとても面白く、フランス語の時間というのを忘れてしまいそうになることも。
 2/5は中国韓国は、お正月なので、皆美味しいものを持ってきてくれました。うちのクラスはイスラム教の人もいるので、「豚はだめよ」なので、牛肉とセロリの水餃子。

b0350090_08175013.jpg
 これが、無茶苦茶、うまし。今まで何回か、中国の人の作る餃子を食べたことあるけど、これが一番美味しかった。旦那さんに持って帰る!と言いたかったけど、最後にはなくなってしまいました。
 次の日は、韓国の迎春お菓子。韓国ご飯は大好きだけど、デザートは知らなかったので、嬉しかったです。
b0350090_08182323.jpg
 お麩菓子みたいなのと、ドーナツみたいなのと、雷おこしみたいなのと、3点セット。ドーナツみたいなのは、モロッコとかアルジェリアの生徒達が喜んでました。
どれもあまり甘くなく、胡麻やヨモギを使っていたりして、韓国の学友達は60歳超えてるけど、美しく若々しいのは、やはり健康に良いものを沢山食べるのかなあ?と思いかがら、頂きました。
 
 最近、豆麹を仕込みました。
 人生初です。米麹はもう慣れてしまったので。
b0350090_08192432.jpg
 最終的には抹茶の濃いお菓子みたいな色になり、無事出来たみたいです。醤油になって頂きたいと考えています。

 そして先週金曜日は、友人がパリのワインバーでマクロビご飯のイベントと、コンサートをするので、手伝って欲しいと言われたのでひょこひょこ出掛けてきました。
 オーガニックワインが、手軽に楽しめるすごく素敵なバーです。
 店内で、友人を待ってると、テラスで飲んでた女性2人に、通りがかりの男性が「おーこれはどうしたことだ、お二人共女優かモデルさん?」とベタな褒め言葉の後、3人で飲み始めたので、こうやってフランス人達は、夜を始めていくのかしらと眺めていました。
b0350090_08202570.jpg
 ミミという、ワインキャットがいます。黒くて長毛さんで、すごい可愛い。少し恥ずかしがり屋さん。
b0350090_08204011.jpg
 コンサートは植木鉢を使ったもので、繊細な音で、暗い空間で聞くと、お母さんのお腹の中にいるみたいで、とても心が落ち着きました。そこで、アペリティフもして、暗い中で五感を働かせましょうという主催者の思いもあったのでした。
b0350090_08185029.jpg
 メインは巻寿司のバリエーションが沢山で、納豆まで手作りです。黒米を入れると紫で綺麗ですね。これに肉じゃがが付きます。
 1人、とても美しい青い目の、88歳のおばあさんが話しかけて下さり、凄い人生を語ってくれました。スイスで生まれ、2つの国籍(フランス、スイス)を持ってるけど戦争で亡命してカナダに行ったり、お母さんが戦争で亡くなった、などなど。
 私はお年寄りが好きなのですが、フランスには、知的で好奇心が枯渇しておらず、世の中の事もきちんと考えていて、身なりも自分に抜群に合うものを素敵に着こなした年配の方、特に女性に結構な頻度で会えるので、そういう方々を見ると全く若返りとか興味がなくなり、あーなりたいなーと今から考えています。
b0350090_08211225.jpg
デザートはレモンとあんこの。

 来てくれた人達と楽しく話して、あー独身ならこのまま深夜バスで帰るのになーと思ってたら、0時30分に迎えに来てくれた旦那さんは機嫌が悪かったので、少しクシャっとした気持ち。
 でもまあ、それは彼の課題なのでいーか。ほんま、独身でパリを過ごしてみたかったよ。すごく危険な思いをしたかもだけど。
 とかいいつつ、次の日は旦那さんが武道の合宿で、夜は1人だったので、夜遅いコンサートに行く予定にしてたんだけど、最近パリで硫酸攻撃とかもあったし、やめておきました。

 昨日はいつもの19歳の猫がいる散髪屋さんでカット。
b0350090_08214892.jpg
 キティさん、帰りにバイバイ言いに来てくれました。19歳になると猫でも礼節を重んじるようになります。
b0350090_08213101.jpg
 ちょっとパッツン前髪にして春待ちスタイルです。

 今日は旦那さんが帰ってきたので、作ってみたかった蕎麦巻きを作ってみました。塩麹で付けた蕪と、卵焼き、そしてスーパーで買ったキャロットラペが余っていたので、巻いてみると可愛らしく。
b0350090_08221738.jpg
 すごくあっさりしていて、湯掻いた蕎麦にすし酢で味付けると、お醤油がなくても食べられます。
 フランス人には醤油がいりそうですが。

 あと一週間でスキー休みです!休みばかりのフランスですが、もうすっかりこれが身体に染み付いてきました。

# by baillement27 | 2019-02-18 08:22 | いつもの日々

真面目に語る

 先週は、日本から夫婦漫才師のおしどりマコケンさんという方が、パリに来てくださいました。
 彼らは3.11の後からずっと、東電の記者会見に出続けており、反原発の活動をいています。

 私は3.11の時は東京におりましたが、その時大変な思いをしたので、反原発を考えたいと、何年か前からフランスでも反原発のグループに入り、様々な活動をしています。フランスは原発大国ですが、もちろん反対する人がいます。

 あの時、東京に住む私たちには、テレビ等で原発が爆発したことを知ることが出来ませんでした。世界では何回も原発が爆発した映像をしていたのに、です。これを言うとフランスの在住日本人はものすごくビックリします。
 そのため、3.15に来たブルームを避けることが出来ず、被爆してしまいました。政府が言ってくれたら、私は実家のある大阪に帰ることが出来たと思います。
 この時はフランス政府は、在日フランス人に飛行機を出して退避を促しています。たくさんのフランス人が祖国に帰りました。私の知り合いのフランス人の旦那さんがいる日本人で、お子さんを連れて、小さなリュックサック1つで帰って、そのまま日本に戻らなかった人がいます。
 その他、沢山の大使館や、大きな会社は人知れず、東京から他の県に本拠地を移しました。今はまた、東京に戻っているみたいです。芸能人も沖縄に引越しした人が沢山いたそうですが、テレビでは「みんなで福島を応援しよう」と言っていました。芸能界のトップは、芸能人達に「福島が爆発したとかはテレビで絶対言わないように」と言っていました。
 果たしてこの事を日本人の何パーセントが知っていますか?

 おしどりさん達は、その事にとても心を痛めていました。
 自分たちだけでも真実を知って、皆に何らかの形で還元していきたいと思っていました。マコさんは医学部にいた事もあり、人の身体のことや、環境の事に詳しいので、余計に色々感じられたのかもしれません。
 その気持ちがあり、東電の記者会見に出たり、色んなことを自分たちで調べるようになりました。
 この7年でその記者会見に来る記者達はとても減りました。そして東電のセクションの人も人事異動などで人が全部代わり、間違った事を言うようになり、おしどりさん達がそれを指摘するような「ご意見番」みたいな立場になっているそうです。
 また、安倍政権になってから、記者の質問がとても減ったそうです。
 おしどりさん達は毎年ドイツで、講演会をされているのですが、一度、ドイツの学生達の前で、日本の記者達は、定期的に総理とご飯を食べに行くのです、と話すとものすごく驚かれたそうです。先進国でそれはありえない、と。外国の記者は、コーヒー1杯でも政治家に払ってもらう事を避けます。ジャーナリストというのは、いかに真実を書くか?なのです。食事を奢ってもらう立場ではとても、耳の痛いことは書けませんから。

 おしどりさん達が来ることを、私達はとても楽しみにしていました。
 あるメンバーの人の家で、ウエルカムパーティが行われました。
b0350090_23470545.jpg
皆で持ち寄りの美味しいものを沢山持ち寄って、集まりました。

 おしどりさん夫婦は、とても感じ良く、人間的で、気持ちの良いエネルギーを持っている2人でした。
 そして、原発の事だけでなく、沢山の事を話しました。質問への解答は、とても的確で、わかりやすかったです。
 私は「同年代の人達は、興味のない人が多すぎて悲しいです」と言うと、「でも私の友達でもお子さんが出来てから、そういう問題を考える人がふえてきていますよ!」と明るく答えてくれました。
 多分、私が出会うよりもっと、反原発という立場で叩かれたり、デマ扱いされたり、無関心の人々に会うと思うけど、明るい方向を向いて、頑張ってらっしゃるのだということが伝わりました。

b0350090_23474975.jpg
 次の日はイナルコ大学で、彼らの講演会がありました。
 会場は300人以上の生徒や一般の人が来て、座れない人もいました。
 マコさんは話のプロということもあり、とてもわかりやすく、皆食い入るように聞いていました。
 質問もとても活発で、的を得ており、フランス人で、フランスに住みながら、何故こんなにはっきりとわかっているのだろうか?と思われる鋭い物が多かったです。
b0350090_23490070.jpg
パンパンでっせーーー

b0350090_23492323.jpg
 これはドイツのテレビで、山下教授という学者が、「放射能はニコニコしていたら避けられる」と言ったのをコメディとして、使った時の画像です。
 ものすごく恥ずかしいですね。この教授はこの間、これを撤回した記事を読みましたが、遅すぎるやろって話ですね。

震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録

 マコさんは政治家に立候補されるので、応援していきたいです。
 そして、またパリに来て欲しいです。

 昨日は節分。
b0350090_23484064.jpg
 アプリで方位を探し、食べ切るまで話したらあかんでーと旦那さんに言って、東北東を向きながら2人で半分ずつ食べました。
 旦那さんは、身体をねじって、首だけ東北東を向けており、なんかそういう食べ方だと勘違いしているように思えますが、黙っておきました。絶対に話してはいけないと思ってもいるようで、アイコンタクトで話していい?と何回も確認するので、面白かったです。
 2月もゆるゆるがんばるるー

# by baillement27 | 2019-02-04 23:49 | いつもの日々

ゆきのひ、誕生日

先週火曜日は雪が降りました。
起きたらこんなん。
b0350090_09250643.jpg
 うちの近くのパリ近郊は、交通がとても脆弱で、雪が降るとすぐにバスやトラムが止まります。だから学校には行けず(ニヤリ)。
 しかし去年の9日閉じこもったのと比べると、すぐに天気も交通も回復でした。

 フランスでは日本ではカササギの種類で、ピ と呼ばれる鳥が沢山飛んでいるのですが、こんなに寒くてピたちはご飯が取れるかな?心配でしたので、ポトフの牛肉の脂身をバルコンに置いておきました。
b0350090_09335156.jpg
ピちゃんの姿 ウイキより

 次の日それはなくなっていたので、うちのバルコンに来る、ピが食べたのかもしれません。雪の上に足跡がついていて可愛かったです。

 昨日は誕生日でした。
 お陰様で、私も46歳になりました。
 遅くまで寝ていると、旦那さんが、誕生日の歌を自作して歌いながら、私のところに来たので笑えました。
 パン屋でエクレアを買ってくれていたので、それをブランチ代わりに食べましたが美味しかったです。

 15時に近所のフランス人のLGBTのカップル達が、私に重要な話があると言っていたので、日本人のこちらで1番古い友人と、旦那さんとでケーキをもってお邪魔に行きました。
 そのカップルの1人の彼女は、なんというか見えないものが見える人で、私に伝えないといけないことがあるらしく、少し緊張して行きました。
b0350090_09240903.jpg
ものすごく大きな新入りさん。

 フランス語でデリケートな話でしたが、友人も手伝ってくれたので、理解出来ました。
 本来フランス人は現実主義なので、普通の人が聞いたら眉唾みたいな話なのですが、うちの旦那さんもスピリチュアルなものを信じているので、とても理解してくれたし、何故、私はいつもそうなのだろう?と思っていたことが解明された気がしました。
 ものすごくプライベートなことなので、深く書けないのですが。
b0350090_09225295.jpg
 フランス菓子のクラシックな「オペラ」で皆でハッピーバースデー。
 たっぷりの甘さと、ほろ苦さで、素材の良さが際立って美味しく感ぜられました。
 SMSでも沢山お祝いしてもらえ、誕生日はいいなあ。
 46歳という新しい橋をまた渡っていこう。
 アンチエイジング反対派なので、素敵に老化していきます。周りにそういう先輩が沢山おりますので、怖いもんないねん。とかいいつつ、たるみ改善体操とか始めたりして。
 それもまたよし!

# by baillement27 | 2019-01-28 09:25 | いつもの日々

着物でパリ

 先週の日曜日、イッシー市で3回目となる「カルタ大会」が行われました。
 百人一首のトーナメントが行われるのですが、日本のイベントも乗じて沢山ありました。
去年の世界一は、フランス人グループだったのですよ。日本人は2位だなんてすごい時代ですよね!まあ、ソムリエやバゲットコンテストで、日本人は1位取ったりするし。また柔道でフランス金メダルとか、面白いですよね。

 私は今年で三回目の参加で、食べ物と折り紙のピアスを売ることにしました。
b0350090_02222228.jpg
最近少し人気上昇中。これはアヤメです。

 当日は友人と2人で売店をしましたが、ものすごくバタバタしました。
 ひっきりなしに知り合いや友人が来て、ずーっと誰かと話していました。

 実はとても好きだった方が1年前に亡くなったいたというのを聞いて、イベントのしょっぱなから泣いてしまったのですが。
 今年は最初から不幸や事故が、知り合いに多く、聞けば諏訪大社の今年の占いでも、波乱万丈と出たそうですね。用意万端にしとくしかないですね。あと、お腹はすき気味にして、直感が働く状態にするとか。

 知り合いのハーフのお嬢さんも1つ買ってくれて嬉しかった。
b0350090_22151463.jpg
ボブにお似合い。

 麹から作った、恒例となった甘酒も割と出ましたよ。

 私は着物で接客しました。150cm位の方に借りたものですので、チト小さかったのですが、この色好きですねん。
b0350090_02213488.jpeg
 作業が多かったのと、私の姿勢がよくないから、最後は着崩れてしまいましたが、上手な着付けで、しんどくありませんでした。
 着物大好きです!日本人は本当に、その魅力が出ますよね。フランス人も似合うけどね。

 もうすぐ46歳になります。
 去年の秋は暇だったのに、1月はなんか予定が沢山で面白くなりそうです。

# by baillement27 | 2019-01-19 02:21 | いつもの日々


ささいなことかもしれないけれども


by バイエ

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

最新のコメント

eiさん ありがとうご..
by baillement27 at 02:58
ご結婚5周年でしたか! ..
by ei5184 at 15:28
そうなんです。あっという..
by baillement27 at 01:08
ご結婚5周年おめでとうご..
by canomama at 21:14
菊は防虫効果があるからか..
by baillement27 at 19:19
へ~!お盆みたいなんがあ..
by canomama at 15:08
eiさま  ご無沙汰し..
by baillement27 at 06:41
カノママさん  地震大..
by baillement27 at 06:38
ブログの復活、これからも..
by ei5184 at 19:01
秋を楽しんでるかな(*^..
by canomama at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

春待ちフランス
at 2019-03-05 07:42
新春なフランス
at 2019-02-18 08:22
真面目に語る
at 2019-02-04 23:49
ゆきのひ、誕生日
at 2019-01-28 09:25
着物でパリ
at 2019-01-19 02:21

外部リンク

ファン

ブログジャンル