グランパレの北斎展

 グランパレで北斎の展覧会が行われているので行ってきました。
はっきり言って、北斎ってあんまり・・・な画家の一人です。あの波の絵とか、すごいとか言われるけど、ピンと来ないし・・・ってのが私の意見でした。でもフランス人が日本人の画家の作品をどう見ているのだろうか?そういう好奇心で行く事を決めました。 
 友人が予約してくれてていたのに、ものすごい人です。結構並びました。それに14.5ユーロもしました。
b0350090_22100291.jpg
 最初はパリで北斎の影響を受け、浮世絵を描いたアンリ・リヴィエールさんのエッフェル塔浮世絵バージョンなどが見られます。  
 北斎は生前、30000点もの作品を残したそうです。この展覧会は全部で700点もあり、日本以外でこんな大規模な北斎の展覧会は最後であろう!ということです。

 さて、初めは期待せずに見始めたこの展覧会。不思議な事に見れば見るほど惹き込まれて行きました。精巧で緻密なのに、北斎が楽しんだりわくわくしたりして描いたのがとてもよくわかるし、絵や字、全ての線を紙に写すという事に、彼が気を込めていたのを感じます。楽しい絵も沢山あって、おもしろがり屋さんだったのかななど想像も膨らみました。
b0350090_22091386.jpg
彼の描く人々をアニメみたいに動かして白い壁に映し出していました。元祖漫画家かな。

 展覧会の最後に、彼の死亡通知が展示してあって、それを見た時に、何か胸に迫るものがありました。この2・3時間ですっかり北斎と仲良くなった気分になっていたのでしょうか。
 オルセー美術館でゴッホを見たときや、ロダン美術館でカミーユ・クローデルの作品を見た時も思ったのですが、心に迫る芸術作品を見た時に「ああ、この作品は私が来るのを待っててくれたのだな。」と感じる時があります。素晴らしい作品というのは作家の意向というものが、遥かな時空も超えるのかもしれません。北斎の作品もまさしくそうでした!
b0350090_21534400.jpg
 こんなに感銘を受けたからかどうなのか、ミュージアムショップで面白い事件がありました。
あるフランス人の男性が私に「日本人ですか?」と尋ねて来られ「そうですよ」と答えると、手にされていた「富獄三十六景六景 凱風快晴(通称赤富士)」と「富嶽三十六景 神奈川沖浪裏(波の絵)の絵はがきを私に渡し「この絵はがきに日本語で、ようこそ日本へ!」て描いて下さい。」と頼まれました。
 最近、書道の勉強を始めたので字の練習に励んでいてよかったーとつくづく思いながら、2枚の裏にそのとおり描きました。北斎さんからのいたずらかね。

 展覧会に見に来ているフランス人が一生懸命、北斎の作品を見ていたのもとても嬉しかったです。 
最後にこの彼の座右の銘がとても心に響きました。日本のママンは71才で、絵を描くのが趣味ですが、良い絵が描けないと悩んでいます。北斎のこの言葉を聞けば悩むのをやめるかも?
b0350090_22102915.jpg
 己 録再よりものの形状を写の癖ありて 半百の此より数々画図を顕すといえども七十年前画く所は実に取るに足るものなし
 七十三才にして稍(やや)禽獣虫魚の骨格草木の出生を悟し得たり 故に八十六才にしては益々進み 九十才にして猶(なお)其(その)奥意を極め壱佰才にして正に神妙ならんか 百有10才にしては一点一格にして生ずるがごとくならん 願わくば長寿の君子 予言の妾ならざるを見たまふべし

[PR]
# by baillement27 | 2014-12-12 06:19 | いつもの日々 | Comments(2)

魚の料理

 私はお肉より魚の方がうんと好きなのですが、渡仏してからは、スーパーの魚屋さんでは落胆する事然り、な日々です。
切り身を買って、パックを開けた瞬間、日本だったら一瞬で捨ててしまうような匂いがしたり、何日前からここで売られているのだろう?と思えるような乾燥&色の変わった魚が売られているので、スーパーでは殆ど魚を買わなくなりました。買うとしたら、スモークサーモン、いくら、薫製系、かにかま、冷凍のシーフードミックス位です。
 しかし仲良くして頂いている日本人女性の旦那様が、魚を扱うお仕事をされていて、ランジス市場に毎晩買い付けに行くので、私も分けて頂いたりします。きちんと処理をされるので、とっても美味しいです。
 その方から何日か前に、電話があり「レユニオン島の魚が手に入ったから、置いておくね」と言われました。うちの旦那さんがレユニオン島出身の為に、気にかけて下さったようなのです。しかし、その魚はレジームと言い、日本でアイナメなのですが、旦那さんに知ってる?と聞くと、知らないと言われてしまいました。
 ウララー・・・まあ、料理とかする人じゃないし、そして焼いても揚げても美味しいとネットでは書いてあったので、楽しみにしていました。

 今日、何にしようか?と迷って作ったのがこれです。
今週からものすごく寒くなった&旦那さんも風邪気味だったので、軽い煮込みにしました。
b0350090_05191021.jpg
 たまねぎとベーコンを炒めて、マッシュルームとトマトとグリンピースを入れたところに、アイナメを並べて、白ワインを注いで蒸しました。
隠し味はクミンシードと、最近仕込んだ「塩ゆず」をちらりと使いました。
 15分くらいで出来ましたが、美味しかったです。アイナメは油が沢山乗っていて、ちょっとカレイみたいな感じでした。大阪のママンが病気の時にカレイの煮付けをよく作ってくれたなあと思い出しました。

 こっちに来てからクミンシードを使うようになりました。ちょっと紫蘇みたいな爽やかな香りがして、ピラフを作っても米と抜群に相性が良いし、ポトフなどに入れても少し高級な感じで、お店の味になります(と自分では思ってる)。カレーにも入れています。
 身体にも良さそうな感じがします! 

[PR]
# by baillement27 | 2014-12-06 05:37 | おうちごはん | Comments(2)

シュタイナー学校のケルメス

 前にも書きましたが、私には子どもがいないけれど、割と近所にあるシュタイナー学校の父兄会の「手芸部」に参加させてもらっています。ここでは、プラスティックなどを使わずに、フェルト毛糸とか編み物などで手作りの良さを打ち出したお人形等を作り、それをこのケルメス(クリスマスバザー)で売りに出します。
 週に1度、学校の休み以外は手芸部はあるのですが、参加して1年くらいになります。フランス語を話すのが目的でしたが、お母さんたちがぺらぺら話している内容は、子どもや誰かの話が多く、しかも○○ちゃんとか○○先生とか、固有名詞ばかりで私にはさっぱりわからず、いつも部屋の片隅で黙々と作業してる事が多いです・・・。
 でも今はサラリーマンでもなんでもなく、ともすれば家にずっといて、旦那さんの帰りを待ってるだけの猫のような存在(そんな可愛くないけれど)なので、こうやってどこかのグループに所属させてもらえるのはありがたい限りです。
 
 そしてそのケルメスが、この間の週末2日、開催されました。外部にも開放される大きなイベントで、学校内にも色んな業者が来て、オーガニック製品を売ったりもします。小さい画廊が設置され、色んなアーティストの作品を見る事も出来ます。生徒たちが作る軽食なども売り出されます。
 土日両方参加しました。1日目は、パリのイナルコ大学に通っている19歳の女の子と会う為でした。イナルコ大学は日本語を学ぶので有名な大学です。彼女も日本語を学ぶ2年生であり、私たちはエシャンジュ(互いの言語を教え合う)を始めるつもりです。イナルコ大学の学生はとてもレベルが高いらしく、万葉集など読む人もいるらしいです。
 彼女はフランス人ですが、オリジンはベトナムなので、ちょっと見た目は日本人かと思うくらいです。19歳、可愛いです。パリジェンヌ特有のすれた感じは全くありません。最初緊張しましたが、2人で色々マーケットを周ってると段々緊張もほぐれていきました。
 旦那さんとの喧嘩でいつも自分の思う事を言い切れていないので、フランス語で喧嘩口上(?)をもっと教えて欲しいと言いました。彼女は私が言うことは殆ど分かってる様子でした。変な言葉を教えないようにしなければ!

 1日目で、手芸部の作品は結構売り切れてしまうようです。一点ものなので目当てに買いにくる人が沢山いるのだとか・・・。それを聞いて「売れ残ってたらどないしよう」とドキドキしながら見に行きましたら、私のは残ってるのも結構ありました。でも売れているのもあってすごく嬉しかったです。
 この羊などは2点くらい作ったけれど、全く残ってませんでした。羊、人気?
b0350090_22541641.jpg
 2日目は、うちの旦那さんと、友人の日本人とフランス人の夫婦で、お子さんが2人いる家族、そしてその友人のアーティストの女性の方が来てくれました。
 子どもたちは自分のお金で色々買って、楽しんでいました。うちの旦那さんはここで毎年出している、パリのアパルトマンで養蜂をやってる人が出しているお店で蜂蜜を買うのが好きで、4瓶も買っていました。友人がそれを見て「くまのプーさんみたい・・・」と言いましたが、ほんとそのとおり。
 子どもたちは、年齢ごとに参加出来るアトリエにも参加していました。旦那さんの空手の先生のお子さん2人は、この学校の生徒なので、先生ご夫妻もそのアトリエを手伝っていたのですが、友人の4歳の子は、偶然にもその先生のアトリエに参加して、空手の先生夫婦にクッキー作りを教えてもらっていて、どちらも知る側としては見ていて不思議で面白かったです。
b0350090_22400933.jpg
 夜17時くらいまでいて、すっかり堪能しました。
b0350090_22405769.jpg
b0350090_22392502.jpg
 手芸部の作品はどうなったやら・・・と見に行ったら、私が作った女の子のお人形が、見てる前で1体売れて行ったので感動しました。
私もそのお人形は結構気に入ってたので、買いたかったのですが、旦那さんが蜂蜜を買いすぎてお金が残っていなかったのです・・・でも誰かが選んでくれたのが嬉しかった。

 さあ12月。新しく始めようと思ってた事を今日からやるつもりです!
それについてはまた今度書かせてもらいますね。

[PR]
# by baillement27 | 2014-12-01 23:34 | いつもの日々 | Comments(2)

サンセールにて


親しくして頂いてる在仏日本人で、ロワールのサンセールという場所に住んでいる女性がいます。
 こっちに来てから仲良くなったのですが、大阪出身同士というのもあって、意気投合し、色々なイベントに呼んでもらったり、旦那さんもものすごく良い人でうちの旦那さんとも仲良くして頂いています。

 このサンセールという場所はワインの産地で、この地域では沢山の生産家の方がワインを作る文化を大事にし、守っておられます。パリにはない魅力が沢山で、おとぎ話に出てくるような可愛い建物たち、全面のぶどう畑、優しい人たち、とっても美味しいワインや農産物・・・最初からすっかり魅了されてしまい、今年は4回訪れました。
 パリからも車で2時間ですので行きやすいです。
 またこの友人も、お料理がその実ものすごく得意というか、プロ並みで、お呼ばれが楽しみすぎるのです。日本からもプロの料理人が沢山来たり、その界ではちょっと有名な人みたいです。
 最近おうちを買って、キッチンも前より大改造して、コンロ6つの調理器具がなんでも揃っているようなパワフルな厨房にしてありました。
 私たちは土曜日の18時くらいに着いたのですが、別のカップルも来られて、それは大変に楽しい夜となりました。ほんま、いっつもこういう集まりは「はよおわらんかなー」とか思うのですが、この間は「まだ終わらんといてー」と願うくらいでした。 

 このサンセールのワインは和食に合うし、皆さんも和食が大好きらしいです。その中でも巻き寿司が大人気で、友人は嫁入りしてから果たして何本の巻き寿司を巻いたのかわからないくらい、巻いているらしいです。私も一度、巻き寿司料理教室のアシスタントをしたことがあります。
 ディナーは自分で巻く手巻き寿司でした。
b0350090_21314309.jpg
 秘蔵の日本酒など出てきたり。
b0350090_21025469.jpg
 チーズはここの名産の山羊のチーズ、クロタンです。トリュフ入りのブリーも美味しすぎ。
b0350090_21002734.jpg
 普段ワインとか飲まないのですが、ここでは私の顔はいつもピンク色です。酔っぱらってちょっと苦しくなっても飲みたい程、美味しいし、シャンパンやら色んな種類のワインやら出して下さるので、頑張って(?)飲むのです。
 一夜明けて、二日酔いなどかったのですが、朝ご飯はお昼の為に抜きました。
お昼は最近解禁したホタテのカルパッチョを、もう1組のカップルの男性が作ってくれました。
b0350090_21114299.jpg
 フランス人は美的感覚が豊かで、奇麗に料理を作ります。
この方も見た目はもちろん、ホタテの臭みを抜いて、包丁で薄く薄く切り、とにかく丁寧に作っていました。
 
 巻き寿司は昨日の残りで・・・とっても奇麗な○まる。

b0350090_21453442.jpg
 トンカツも手作りパン粉で、さくさく美味しい。日本にいた時トンカツとか食べなかったけど、やっぱり和食が嬉しくておいしい。
b0350090_21422608.jpg
 デザートはこの間、ローマジパンを買って、これでバターケーキを焼いてきたのでそれを出したのですが、割と好評でした。
b0350090_21112684.jpg
 すてきなお昼ご飯は少し急ぎ気味でした。
なぜならこの後、バスケットボールの試合を見に行くのです。
 あとで会場に着いて知ったのですが、ここの旦那さんが、その試合の実況中継アナウンサーでした!
 そして私たちが応援していたチームの9番の女性は、ロンドンオリンピックで銀メダル取った時の選手だということでした。

 マイク持ってアナウンスしている、真ん中のジャン・レノに似た方が旦那さんです。
お仕事がアナウンサーではないのですが・・・びっくりして理由聞くのん忘れました。
b0350090_21122295.jpg
 女性のチームのゲームでしたが、選手たちのなんとも格好が良い事よ・・・。
スタイルも顔もモデルさんみたいだし、プレイも神業です。
 1試合10分なんですが、もーすっごくジリジリする思いで見ていたので、その10分の長い事。
 どっちのチームにも勝って欲しい!と心から応援しつつ見ていました。
b0350090_21554381.jpg

 ゲームが終わり、選手との交流会に参加させてもらい、またこれがシャンパンと美味しいお菓子の食べ放題、という夢のような空間でした。
 まあほとんどうちの旦那さんが食べていましたけど・・・


b0350090_22030616.jpg
 ええ年してフランスに嫁に来て、住んでるだけでもプチ大変なので、たまにはこういう良い思いしてもいいやん!と友人は言ってくれます。
 本当に、良い思いばかりさせてもらって、命の洗濯な週末でした!
 さーフランス語がんばろ。

[PR]
# by baillement27 | 2014-11-24 22:07 | 旅行 ロワール | Comments(2)

土日のお出かけ

 旦那さんをほったらかしにして、土日出回りました。
土曜日はこっちに来てから、ずっと行くようにしている、オーガニック商品の展示会MARJOLAINEです。
 絵描きのLさんと行きました。
 いつもダフ屋でチケットを買うんですが、今回のダフ屋さんは日本語が話せたので驚きました。横浜に住んでたらしいです。
 13時から17時まで会場を歩きまくりましたが、広いので疲れました。食料品はもちろん、衣服やベッド、アクセサリーや食器、日用品など見ごたえがあります。
 去年まではなくて、今年見つけて、お!っと思ったのが布ナプキン・・・こっちの女性はタンポン派ばかりと聞いていたので嬉しいです。紙ナプキンもかなり素材を使っていると聞きますし。私はここ何年か、旅行以外はずっと布ナプキンで快適です。フランスでも普及するといいなあ。
 
 そして買ったもの・・・
b0350090_22374620.jpg
 まあこれはここら辺のBIOショップで買えるのだけど、1つ3ユーロで安かったので、粟と玄米の長い米です。白米だけで食べないようにしてるので、混ぜる為です。
b0350090_22382173.jpg
 アーモンドのパテです。真面目そうな老婦人が売っておられ、味見したら、和菓子のようにしみじみ美味しいので嬉しくて買いました。多分右下のがローマジパンなので、焼き菓子に使う予定です。
b0350090_22404254.jpg
 そしてハリネズミの絵本です。これはイラストも素晴らしく緻密で美しいです。ハリネズミ大好きなので買いました。
 鳥はヤツガシラだと思います。
 もしかしたらこの本は、日本のママンにあげちゃうかも?

 これの他にお茶専門店でプーアル茶を買ったりしました。
あとはごま油とサフランを買いたかったのに、予算不足!
 ここに毎年ポーランドの食器屋さんが出ていて、売ってる人は日本とポーランドのハーフらしくお話したことがあります。食器もとっても可愛いので買いたいのですが、ここもいつも予算不足・・・。
 
 こんなに遊んだ後なのに、この後、最寄り駅まで旦那さんに迎えに来てもらって、近くの気になっていたレストランで食べて帰りました。 
 そこは中華のバイキングなのですが、夜は20ユーロで食べ放題で、なんと手長海老のボイルしたのもありました。海老は私が好きなのですが、旦那さんが食べないので、家では出さない一品です。ここぞとばかりに沢山頂きました。

 日曜日は、日本から顔マッサージの人とタロット占いの人が来るので、お試しモニターになって欲しいといわれ、シャトレまで出かけていきました。絵描きのLさんがいつも個展をやる画廊の地下に、ヨガや座禅をやっている場所があり、そこで行うらしいです。
 まずタロット占いからやりました。
「フランスでもう少し積極的に生きたい」
と言うと、色々私が普段と考えているような事をもっと凝縮した答えを返してくれました。簡単に言うと、笑って楽しい事をやって下さい、というようなことです。
 私は、精神的に自立しておらず、自発的に色んな事をやるのが難しいので、これは良いテーマだと思います。
 そしてマッサージはベトナムの手技だということでしたが、私は首と下腹部が相当良くないと言われました。首は前に事故でむちうちやってるし、下腹部は卵巣腫瘍になったこともあるし、やっぱりね。
 お灸で温めた方が良いらしいです・・・この間帰国時に買えばよかった・・・でも慢性的な運動不足が非常に原因しているのではないか?と自分で感じています。
 もうやめて1年にはなる空手をいつから再開するかだわ。
 あと春になったら、お灸のヨモギを探しにいこうか?

 土日に旦那さんを置いて出るなんて、滅多にないので、申し訳ないけど楽しかったです。 

[PR]
# by baillement27 | 2014-11-17 23:16 | いつもの日々 | Comments(2)


ささいなことかもしれないけれども


by バイエ

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

最新のコメント

eiさん ありがとうご..
by baillement27 at 02:58
ご結婚5周年でしたか! ..
by ei5184 at 15:28
そうなんです。あっという..
by baillement27 at 01:08
ご結婚5周年おめでとうご..
by canomama at 21:14
菊は防虫効果があるからか..
by baillement27 at 19:19
へ~!お盆みたいなんがあ..
by canomama at 15:08
eiさま  ご無沙汰し..
by baillement27 at 06:41
カノママさん  地震大..
by baillement27 at 06:38
ブログの復活、これからも..
by ei5184 at 19:01
秋を楽しんでるかな(*^..
by canomama at 09:30

メモ帳

最新のトラックバック

ライフログ

検索

ブログパーツ

最新の記事

はるるるる、なパリ
at 2018-03-25 01:02
追悼と反核集会@パリ
at 2018-03-13 02:14
初めての1人遠出と..テレビ..
at 2018-02-27 20:26
31年ぶりの大雪なパリ
at 2018-02-11 01:48
カルタ大会 フランス
at 2018-01-22 08:36

外部リンク

ファン

ブログジャンル